若槻千夏の“鼻筋”に違和感?「高くなった」「変わったね」

若槻千夏 

(C)まいじつ 

5月26日に放送された『踊る!さんま御殿!!』(日本テレビ系)に、タレントの若槻千夏が出演。視聴者から「鼻がおかしい」と違和感を指摘されてしまった。

同日の放送は、番組23年の歴史で初となるリモート収録。収録時間は50分というほぼ〝撮って出し〟となり、MC・明石家さんまの両脇には飛沫を防止するためにアクリル板が設置された。

スタジオには4人のゲストが登場し、残る6名は別室からリモートにてトークに参加。若槻はこのリモート組で、さんまから「スタジオが普通じゃないねんけど、リモートの方が普通に見える」「どういう状況なのそこは?」と尋ねられると、「皆さん小部屋ですよ。小部屋に1人ずつ…」「スタッフさんもゼロです。カメラとモニターがあって、その前にポツンと…」と異様な状況を説明していく。

 

「湯婆婆みたい」との指摘も…

肝心のトークテーマはというと、東京VS埼玉VS千葉のお国自慢。若槻は埼玉代表として地元愛を語ったが、視聴者の目を引いたのはその容姿だ。

若槻の鼻筋は直線のようにスッと通り、その高さもなかなかのもの。これまでより印象が変わったように感じられ、昔と比べるとかなりの差があるように見える。視聴者はこうした点が気になったようで、SNSや掲示板上には、

《若槻千夏なんか鼻変わった?》
《痩せて鼻が高くなったのかイジったのかどっちだろ…》
《鼻に何かを入れ過ぎて、千と千尋の湯婆婆みたい》
《鼻筋通り過ぎ問題》
《若槻千夏の鼻にしか目がいかない》
《昔の若槻もかわいかったのになぜ鼻にコンプ持ってるんだろう》

などといった指摘が。その鼻に対し、違和感を指摘する声が散見されていた。

View this post on Instagram

ASMR 🍔🍟🥤 #咀嚼音てか鼻息

A post shared by 若槻千夏 (@wakatsukichinatsu) on

外出自粛で人と会う機会が少なくなったここ数週間は、メンテナンスチェックには最適な期間。8歳の子どもを育てている若槻には、さすがにイジる余裕はないと思うが、果たして…。

 

【あわせて読みたい】