フジモンへの“離婚イジリ”に批判殺到「タピオカがよぎる…」「かわいそう」

藤本敏史 

(C)まいじつ 

『FUJIWARA』の藤本敏史が、5月28日放送の『ダウンタウンDX』(日本テレビ系)に出演。『ダウンタウン』松本人志らの「離婚イジリ」が度を超しているとして批判の声が相次ぎ、「かわいそう」と藤本を気遣う声が飛んだ。

この日は2カ月ぶりに、スタジオにゲストを招いた。藤本は神田愛花、八嶋智人、青山学院大の原晋監督ら家族持ちの芸能人がそろう中、唯一の独身者として出演した。

番組では、出演者が自ら撮影した「自粛生活」を一緒に見ることに。神田や八嶋の華やかな私生活、原監督のにぎやかな寮生活が紹介された後に藤本が登場。離婚から半年経たない藤本は1人で弁当を口にし、お気に入りの菓子『カプリコ』をさみしげに口にしていた。

 

フジモンも呆れ「一番傷つきます」

これを見て共演者は大笑い。VTR終了後、松本は「スイーツとの相性が悪いんやろね」と元妻・木下優樹菜の騒動を連想させるコメントを口に。「はっきり言ってください。一番傷つきます」とツッコミを入れた。

浜田雅功は「でも、会うことあるんでしょ?」と家族の話を振ると、「娘には毎日会ってます」と明かした。すると、松本は「えー、事務所総出で?」と、木下の恫喝騒動を揶揄。周囲からは静かな笑いが起こり、藤本は「吉本の社員と娘に、どうして会わなあかんの?」「いじるねー!」と、とぼけながらツッコミを入れた。

この日も終始、離婚をネタに藤本をイジる展開。松本らの「イジリ」が過ぎると指摘する声が続出した。

《芸人の離婚ネタってだいたい笑えるけど、フジモンの場合は離婚理由は別らしいけど、どうしてもタピオカ事件がよぎっちゃって、ちょっと可哀想になっちゃう》
《フジモン気の毒だな。いつまでも元嫁のネタばっかり振られて。他に何か引き出せやって思う。いちいち反応しないといけないフジモンが可哀想なんだが》
《今日のダウンタウンDXのキャスティング悪意が…すこしばかりフジモンが可哀想》
《散々共演していた分、お家でぼっちのフジモン可哀想だな》

松本なりの愛だと思うが、視聴者には伝わらなかったようだ。

 

【あわせて読みたい】