『報ステ』富川悠太アナ復帰は“カタチ”だけ! 秋で降板は決定的か

(C)Kues / Shutterstock 

新型コロナウイルスに感染したテレビ朝日の富川悠太アナウンサーが、6月4日から『報道ステーション』に戻って来る。延び延びになった末の復帰だが、これはあくまでも世間に向けたポーズにすぎない。やはり番組降板は避けられず、秋の番組改編でその座を小木逸平アナに譲ることになりそうだ。

「4月上旬に感染した新型コロナは治っていたにもかかわらず、なかなか復帰が発表されないことから、降板説も囁かれていた富川アナ。それを打ち消すかのように、再登板日が決まりました。制作側は本来なら5月に戻そうとしていたようですが、視聴者からの抗議電話が殺到したことや、家庭内の問題を報じられたこともあり、延期、延期となっていたのです」(テレビ朝日関係者)

どうやら〝一度番組に戻す〟という認識は、テレ朝内では共通だったようだ。

 

降板する前の引責降格!?

「富川アナは番組内で、新型コロナについて予防を散々訴えていたのですが、自身の感染が疑わしい状況になった後も出社していたことで、テレ朝にも批判が殺到しました。このまま降板させると〝逃げた〟と思われてしまうため、どうしても一度は番組に復帰させ、謝罪させなければ格好がつかないのでしょう」(同・関係者)

しかし、決して完全復帰ではない。富川アナは感染前は月~木曜のメインキャスターだったが、6月からは木・金曜に〝降格〟する形だ。その代わりに金曜担当だった小木アナが、月~水曜担当に〝昇格〟している。

「これは降板への布石に他ならない。富川アナ不在時の代役を務めた小木アナの評判は上々で、スポンサー受けも最高。一方の富川アナのイメージはダダ下がりで、局内外の関係者の多くが小木アナ推し。秋の番組改編で富川アナ降板、小木アナの担当曜日がさらに増えるという流れ」(制作会社関係者)

報ステのメインとして出演したときは上から目線な部分が散見された富川アナだが、今はすっかりしおらしくなっているという。そんな生まれ変わった姿を報ステで見られるのも、あと数カ月ほどしかなさそうだ。

 

【画像】

Kues / Shutterstock

【あわせて読みたい】