テリー伊藤が大炎上!「PCR検査」を受けるためにウソ申告!?

テリー伊藤 

(C)まいじつ 

病床数や人手不足による医療崩壊の懸念から、自宅待機命令や後回し・たらい回しが深刻化しているPCR検査。検査を受けたくても受けられない〝検査難民〟が社会問題化する中、タレントで作家のテリー伊藤による体験談が物議を醸している。

テリーは6月2日放送の『情報ライブ ミヤネ屋』(日本テレビ系)にリモート出演し、知人の体験談として、3日連続で38度以上の体温を記録したため、区に検査を申し出たと告白。しかし、夜に37.4度まで下がると「大丈夫」だと受け付けを拒否されてしまい、心配になった知人は都の方にも連絡したと明かしていく。

しかし、都の対応は区と同じだったようで、やはり簡単に検査は受けられないことが明らかに。その後も、テリーは検査が追い付いていないことに懸念を示し、「医療体制がしっかりしていないので、気の弱い人は弾かれるんですよ」という発言も飛び出していく。

続けてテリーは、「先程の続きなんですけど」としながら、「区・都で断られても、もう一度『夜も昼も38度以上』と言ったら受けさせてくれたんですよ」と告白。実際に熱が上がったのか、受診のために高熱を装ったのかまでは不明だが、「こういう実態があることを分かってほしい」と視聴者に訴えかけた。

 

「検査のために高熱を装った?」と非難が殺到

しかし当の視聴者は、テリーが直前まで「37.4度」と言っていたため、「検査を受けたいがために高熱を装ったのでは?」と感じたよう。また、知人ではなくテリー本人の体験談ではと疑う声も多く、ネット上には、

《病気じゃないのにPCR受けにいくなよ 病院に迷惑やん》
《症状ないのにPCR検査受けに病院行ったって言ってるんだけど この人アホなん?》
《PCR検査は不安解消のためとか陰性証明のためにやるもんじゃないんだよ。テリー伊藤はもう黙ってろ》
《濃厚接触者でもない無症状なら受けられるわけないの当たり前だろ》
《体温の虚偽報告してPCR検査受けた友人を自慢するテリー伊藤》
《問診に嘘をつけと? 問診の意味を理解してますか?》

などと批難が殺到した。

「自身が感染しているのか知りたい気持ちは分かりますが、医療現場がひっ迫しているこの情勢において、高熱を装ってまで検査を受けるのは極めて悪質な行為。知人の体験談とのことですが、テレビで話すべきことではないでしょう。ましてや『こういう実態も分かってほしい』と視聴者にも偽装を呼び掛けているとも取れますから、常識やモラルを問われても仕方がありません」(テレビ局関係者)

同日は東京都で新たに30人以上の感染者が見つかり、「東京アラート」が発令された日。まだまだ終息の兆しが見えない中、この体験談は不適切だったと言わざるを得ないだろう。

 

【あわせて読みたい】