TBS・国山ハセンアナの“生放送マジギレ”にドン引き「一体ナニ様?」

(C)ShotPrime Studio / Shutterstock 

6月2日放送の『グッとラック!』(TBS系)で、元『2ちゃんねる』管理人・西村博之氏に対し、国山ハセンアナウンサーが怒りをぶつける場面があった。

問題のシーンが訪れたのは、コロナ禍で変貌を強いられているエンタメ界を特集したコーナー。VTRやパネルで各業界の新型コロナ対応が紹介され、その1つとして、先ごろ行われた『東方神起』のオンラインライブが話題となった。

同ライブでは観客200人の顔がバックモニターに表示される〝ビデオトーク〟が取り入れられた他、映像でも臨場感を味わえるよう3Dの演出を使うなど、斬新な試みの数々が。コメンテーターも一様に感心を示していたが、西村氏だけは「別にこういう技術って新しくなくってぇ~、4年前ぐらいから『ニコニコ超パーティー』とか日本のサービスでやってるんですよね」と、かつて自身が関わっていたサービスを自画自賛する。

その後も西村氏は、特有の薄笑いで「最初は驚かれるんですけど、別に本編の歌のうまさとはあんまり関係がないので、結構飽きられるのも早いですよ(笑)」「(この仕掛は)とにかくお金がかかるんで、あんまりみんなやらなくなっちゃったっていうのが日本の現状」などと、1人逆張りでコメント。すると、ハセンアナは「何でそう、ヤナことばっかずっと言うんですか」「ヤナことヤナことばっかり」とすかさずツッコミを入れ、「こっちは〝新しい試み〟だって紹介してるのに…」と不満を漏らしていった。

 

志らく「局アナが、マジでキレましたよ(笑)」

その表情からは本当に〝カチン〟ときた様子がうかがえ、西村氏は「あい、スイマセン」と笑顔で平謝り。司会の立川志らくも「局アナが、マジでキレましたよ(笑)」とコメントし、これによってスタジオの笑いが起きると、ハセンアナも満面の笑みに戻っていった。

このやり取りはネット上でも話題を呼び、

《ハセンさんのひろゆきさんへのツッコミが面白い(笑)》
《ひろゆきが嫌なこと言わなくなったら何が残るん?》
《食い合わせが悪かったようだ。お気の毒》
《新しくないと否定されてキレるのは筋違いやろwww》

などの感想が。また、西村氏がネット発の有名人であることや韓国アーティストという性質上から、

《冷静に進行さばけないとか、局アナじゃねーわ》
《東方神起をディスられたみたいで、嫌だったんだねw》
《事実を言われてキレる人いるよなぁ》
《ひろゆきが嫌味ったらしいのはもとからだけど、少なくとも嘘は言ってないのに、幼稚な逆切れで嘘情報を訂正もしない国山ハセンって一体何様?》
《ひろゆき氏の言う通り、昔からある技術で驚く価値はない!》

などといった〝ハセンたたき〟も目立っている。

今年2月に結婚した妻とはナンパで知り合うなど、プライベートはイケイケで知られるハセンアナ。屁理屈ばかりこねる西村氏とは、そもそもウマが合わないのかもしれない。

 

【画像】

ShotPrime Studio / Shutterstock

【あわせて読みたい】