『さんま御殿』大人気YouTuber・ヴァンゆんが大不評!「見てて恥ずかしい」

(C)Krakenimages.com / Shutterstock 

6月2日放送の『踊る!さんま御殿!!』(日本テレビ系)に、大人気YouTuber『ヴァンゆん』が登場。地上波に飛び出した彼らの活躍に、各界隈からさまざまな反響が寄せられている。

ヴァンビとゆんの2人で構成された男女コンビYouTuber「ヴァンゆん」。これまでにも『ダウンタウンDX』(日本テレビ系)や『しくじり先生 俺みたいになるな!!』(テレビ朝日系)などの番組に出演してきた。

そしてこの日も、ゆんは番組冒頭からバラエティー慣れした一面を覗かせている。明石家さんまのオープニングトーク中、彼女は絶妙なタイミングで話に割って入ったのだ。

まだゲストの紹介もされていない状況だったため、これにはさんまもタジタジ。もしかすると突然画面にカットインしたゆんに、戸惑う視聴者もいたかもしれない。すかさずさんまも、「紹介したらなアカンからやな……」とフォローを入れていた。

その後、さんまからの紹介を受けた「ヴァンゆん」は、YouTubeでお馴染みの挨拶も披露する。ゲスト出演していた出川哲朗は苦笑いだったのだが、冒頭から非常に強い印象を残せたことは間違いない。

 

「好きなのにテレビに出ると嫌いになる」視聴者から大不評の2人

今回の放送で「ヴァンゆん」は、さんまをはじめ周りを巻き込むトークで場を盛り上げていき、他のゲストのトーク中にも存在感を発揮していた。しかしファンからは、

《YouTubeは好きなのにテレビに出ると嫌いになるし見てて恥ずかしい》
《さんま御殿に素人は出てほしくなかったなぁ……》
《ゆんの声が高すぎるし、発言が面白くないくせにしゃしゃり出るの不愉快》
《ゆんの発言、全部さんまさんに批判されてて笑った》

などの声が上がってしまう。ちなみに元ヴィジュアル系バンドのボーカルだったというヴァンビは、音楽ファンの反感を買っていた。さんまから歌の上手さを尋ねられた際に、ヴァンビは「もともとヴィジュアル系バンドやってたんで、ある程度は」と〝ドヤ顔〟で返答。するとネット上には、

《「もともとヴィジュアル系バンドやってたんで」って返してたの、未だに腹立つ》
《音楽失敗してYouTuberになったのに、そこ押してくんなよ》

などと厳しい声が飛び交う事態に。

個人として注目されなくてはいけないYouTuber。残念ながら皆で番組を作るバラエティには不向きのようだ……。

 

【画像】

Krakenimages.com / Shutterstock

【あわせて読みたい】