“テラハ”の二の舞!? フジテレビ『とくダネ』の報道姿勢に疑問の声

(C)file404 / Shutterstock 

6月3日に放送された『とくダネ!』(フジテレビ系)では、〝東京アラート〟発動後の歓楽街について特集。マスクをせずに営業するゲイバーが取り上げられ、ネット上で物議を醸している。

この日の番組では、東京アラートの発動当日に営業しているお店を取材。新宿二丁目にあるゲイバーを訪れた番組スタッフは、〝マスク〟をしないで営業していたオーナーママへ理由を問うことに。

普段はマスクを着用しているという一方で、ママは「(今まで通りの)パフォーマンスができないんだったらやる意味ないのかな」「来てくれた人に申し訳ない」といった理由で営業中だけ外していると語っていた。

コロナ禍にもかかわらずマスクをしない接客スタイルに、視聴者からは、

《店側がしっかりマスクして客を守らんと》
《こういう店は指導できないの? 他のちゃんとしてる店がかわいそうだわ》
《オーナー個人に『ありえない』と思った。泣く泣く店を畳む方も多いのにふざけてんのか》

などいった批判の声が続出している。

 

番組サイドにも問題が?

一方で番組側の報道の在り方について異議を唱える人も。ネット上では、

《執拗に『ゲイバー』とテロップ流すの、悪い意図を感じるんだが》
《一部を切り取って〝ゲイバー〟と括り、感染症対策をちゃんとやっているお店が大半のはずなのに〝困った街〟に映す報道。とくダネに抗議したい》
《非難をゲイバー全般に向けようとするとくダネ。これがフジにとっての正義なんですかね……》
《てかテラハの件もあるし、わざと炎上させて叩く材料にしようとしてる?》

などの声も上がっていた。

「番組側にも批判の声が上がった理由は、放送中に流れた〝テロップ〟などの編集が原因でしょう。『ゲイバー〝マスクせず〟接客』というテロップが流れていたため、見る人によっては一部店舗ではなく〝二丁目のお店全般〟と捉えてしまう可能性も。また〝バー〟と表記すればいいものを、わざわざ〝ゲイバー〟と紹介するあたりLGBTを悪者にしようとする〝偏向報道〟に思われても無理はありません。同じフジテレビ系で放送していた『テラスハウス』も、今回のように特定の人だけを悪者にするような編集が問題視されています。同局はテラスハウスの過ちから、何も学んでいないのでしょうか?」(芸能ライター)

もちろんコロナ対策を怠っている店側にも責任はあるが、あえて視聴者の反感を買う放送内容にする必要はないのではないだろうか……。

 

【画像】

file404 / Shutterstock

【あわせて読みたい】