稲村亜美“自宅中継”でショートパンツの隙間から…「見えてるやん!」

稲村亜美 

(C)まいじつ 

〝神スイング〟でおなじみのグラビアアイドル兼タレント・稲村亜美が、持ち前の健康的な美脚で視聴者のバットをフルスイングさせたようだ。

6月3日、稲村は『家、ついて行ってイイですか?』(テレビ東京系)に自宅からリモート出演。新型コロナウイルスの影響でロケが行えないため、スタッフから送りつけられたカメラで自身の部屋を撮影・紹介していった。

稲村は築27年の実家に母と2人暮らしだが、リフォームしているのか内装は築浅物件のよう。玄関には折り畳み自転車、リビングにはトレーニング器具の数々が置かれており、イメージに違わぬスポーティーで健康的な生活ぶりが明らかになっていく。

稲村は器具を使ったトレーニングの様子も披露したが、「あーん!はぁ…」と弾んだ息は妙にセクシー。続けて膝にボールを挟んで太ももトレーニングを披露するも、ショートパンツで〝まんぐり返し〟のような体勢に、スタジオは「際どい!」とハラハラとしてしまう。

 

男心をくすぐる極上フトモモ!

しかし、自身ではセクシーなアングルだと気付かないのか、稲村はカメラに向かって股を見せつけるようなトレーニングを継続。太ももやショートパンツのキワ、ももと尻の〝国境〟がチラチラと見えていき、スタジオも興奮したようなリアクションを続けていく。

ネット上にも、

《太ももに挟まれたい》
《あかんカニバサミされたいわ》
《何この子!脚エロ過ぎだろ》
《稲村あみの太ももに挟まれたい人生だった…》
《太ももに保険かけるべき》
《パンツ見えた!!》
《見えてるやん》
《男心ゆさぶり過ぎ》

などの興奮コメントが続出。ホームラン級のセクシーアングルに、炎上ピッチャーのごとく〝ノックアウト〟されてしまったようだ。

視聴者も硬くて長いバットを握り、ボールのように白いモノを遠くへ飛ばしたかもしれない。

 

【あわせて読みたい】