『とくダネ』小倉智昭に非難殺到! “ズレた発言”にプロ野球ファンが激怒

小倉智昭 

(C)まいじつ 

6月3日に放送された『とくダネ!』(フジテレビ系)では、司会の小倉智昭が〝ある球団のファン〟を敵に回すような発言をする一幕が。ネット上には、やはり呆れ声が殺到している。

この日の番組では、都内の感染状況を都民に知らせるために実施された〝東京アラート〟について報道。新型コロナウイルスの感染拡大の兆しがあるとして、注意を促すべく小池百合子都知事によってレインボーブリッジと東京都庁本庁舎が〝赤色〟に点灯されたことを紹介した。

東京アラートの件に、小倉は「レインボーブリッジだとか、東京都庁の赤はちょっと違和感あるもんですね」とコメント。また「僕は赤は大好きな色なんですが、これから赤は危険な色になっちゃうんでしょうか?」と色に着目し、「〝広島カープファン〟はムッとしていると思います」と赤いユニフォームでお馴染みの球団『広島東洋カープ』を挙げて持論を展開していた。

 

怒れるカープファンたち

〝赤色〟というワードからカープの名前を挙げた小倉に、ファンたちからは呆れ声が。ネット上では、

《赤=カープって発想がチープすぎて、はらわた煮えくり返るを通り越して笑ったね。小倉智昭ってアンチカープなんやろ》
《アホすぎて草……。赤信号のない世界から来たのかな?》
《それならカープファンは赤信号にもムッとしてるとでも?》
《もともと赤は危険を表す際の色だし、ファンだけどなんとも思わんわ》
《赤い!せやカープや!って発想、嫌いではないwww》

などの声が上がっている。

「小倉は大の『埼玉西武ライオンズ』ファンとして有名です。彼は西部の本拠地『メットライフドーム』のボックスシートを長年購入しているようで、2018年11月に開催された『西武ライオンズ スポンサー&ボックスシートオーナー感謝の集い』にも参加するほど。これだけ小倉の〝西武愛〟が強ければ、今回の発言が〝カープアンチ〟だったためと捉えられてしまっても無理はありませんね」(スポーツライター)

一般的に〝赤〟からイメージされるものは、ポストやリンゴといったものが定番。咄嗟に球団を思いつくというズレた感覚が、ハゲしい論争の火種となってしまったようだ。

 

【あわせて読みたい】