菅田将暉の“自動車CM“が大不評「危ないわ!」「あり得ない…」

菅田将暉 

(C)まいじつ 

トヨタ自動車のサブスクリプションサービス・『KINTO』のCMが、ネット上で不評を買っているようだ。

問題のCMは、今年4月から放送が開始された『買うよりお得、らしい。』シリーズ。俳優の菅田将暉、矢本悠馬、女優の二階堂ふみと人気の役者が出演しており、3人和気あいあいとする様子が収められている。コンセプトは「台本はほとんどない半ドキュメンタリー」で、3人のやり取りはほとんど素顔のままとのこと。サブスクのメリットを語りながらドライブし、「KINTO」の良さを自然に訴え掛けている。

不評を買っている主な要因は、助手席の菅田と運転席の二階堂との掛け合いだ。

会話の流れで「買うか『KINTO』か…」というフレーズが出たところ、菅田は運転中の二階堂に対して「『買うかKINTOか』って10回言ってみて」と、突然10回クイズを出題。二階堂が10回復唱すると、菅田は「ここは?」と自身の肘を指し、二階堂は思わず笑いを誘われてしまうという流れだ。

 

「事故につながりかねないのでは?」とのツッコミが…

出演者の仲の良さをアピールする目的があったと思われるこの演出だが、よくよく考えると、運転中の人間に横から茶々を入れるのは、事故を誘発することにもなりかねない危険な行為。しかも、「ここは?」とヨソ見までさせようとしている。異業種の広告における運転の演出ではなく、自動車会社が直々に行っているCMという点もあり、ネット上には、

《事故につながりかねないわよ? とてもトヨタのCMとは思えない内容だわ》
《運転中に10回クイズって危ないわ!》
《運転者の気と視線を散らせようとする同乗者、危険でしょ》
《助手席で「ここは?」って、ヨソ見して事故にでもなったらどーすんだよ》
《運転している女性に、助手席の男性が、注意を引くことを盛んに言う… 私は怖くて仕方がないのだが》
《クルマ会社のCMなら責任ある制作をしてほしいわ》

など、非常識さを問う声が続出している。

「本来、車のCMにおいて、事故を連想させる描写は絶対的にNG。これは最もデリケートになる部分であり、少しでも危うげな言動は組み込まれません。いくら現実で会話をしながらの運転が許容されているとしても、これは『気が散る』『事故につながる』と言われても仕方のない描写。教習所でもNG行為だと学ぶでしょう。生真面目過ぎるといえばそれまでですが、CMとはそういうものなので、不適切だったと言えるでしょうね」(広告クリエイター)

車における演出といえば、「犯人が逃走車なのにシートベルトを締めている」というツッコミが定番。しかし裏を返せば、それだけ慎重に映像づくりをしなければいけないということなのだろう。

 

【あわせて読みたい】