中村倫也『モテ伝説』! 「イケメン過ぎる」卒業アルバムにメロメロ

(C) shurkin_son / Shutterstock

『週刊文春』5月28日号にてスクープされた俳優・中村倫也の幼少期写真。そのあまりの容姿端麗ぶりに、ネット上では悶絶する声が殺到したようだ。

同記事のタイトルは、『学年では知らない人がいない……中村倫也33歳、中学時代からの〝モテ伝説〟』。近所の人の話や、ドラマの現場スタッフがそれぞれ中村の魅力を熱弁したもの。《小さいころからとにかくかわいかった。背も高くなく、カッコいいというよりかわいい感じ。お兄さんもしっかりした顔立ちでイケメン兄弟として近所の人気者》といった証言や、学校でファンクラブが結成されていたなど、過去の〝モテ情報〟が記されていた。

 

小6にしてモテ顔が完成していた!

中でも注目が集まったのが、小学校6年生のときの写真。近所の人の話に付随する形で、小学校の卒業アルバムの個人写真が掲載されているのだが、この幼き中村に対し、ネット上では、

《モテるなこれは!笑》
《同学年だったら、目が合ったとかでキャーキャー言ってる自分が想像できる》
《小学生でモテる第1位の顔だね》
《卒アルでこれってすごい てかやっぱ顔って大事なんだね…》
《ジャニーズにいそうなかわいい顔!》
《ベランダから颯爽と現れそう》

などと大絶賛する声が続出。妄想にふける声も相次いだ。

「中村は高校1年生のときに、スカウトがきっかけで芸能界入りしましたが、最初は鳴かず飛ばず。しかし2018年放送のNHK朝ドラ『半分、青い。』でその名を轟かせ、昨年7月放送のドラマ『凪のお暇』(TBS系)で、驚異の人たらしキャラを演じ、一躍ブレークしました。また、19年3月に某週刊誌で〝家賃9万円アパート&コインランドリー通い〟がスクープされ、それもまた『堅実でいい!』と好感度を高めたようです」(芸能ライター)

最近では、事務所のYouTubeチャンネルで料理配信をしている中村。イケメン、サッカー、料理、そして堅実…。もはや好感度が上がらない方が難しそうだ。

 

【画像】

(C) shurkin_son / Shutterstock

【あわせて読みたい】