『キンプリ』平野紫耀も!? “イップク”大好き喫煙者ジャニーズたち…

平野紫耀 

画/彩賀ゆう (C)まいじつ

5月31日放送のラジオ『TOKIO WALKER』(NACK5)で、『TOKIO』松岡昌宏が禁煙した経緯を明かした。

9年ほど前、ヘビースモーカーだった会社のスタッフが病気となってタバコをやめた際、松岡も〝願掛け〟として一緒にやめたという。すると、日ごろから松岡に禁煙を勧めていた先輩の東山紀之が大喜びしてお祝いをしたため、松岡は「もう吸えなくなるじゃないですか」と禁煙を続けることになったそうだ。

芸能人が喫煙者であると明かすことは少ない上、ことさらジャニーズアイドルはめったなことでタバコの話はしない。しかし一方で、ジャニーズの喫煙率は異様に高いともいわれている。禁断の〝喫煙者ジャニーズ〟を紹介していこう。

 

電子タバコが若手ジャニーズの間で流行!?

まずは『嵐』二宮和也。仕事現場に着くと、まずは喫煙所を探してタバコを吸いにいくというほどのヘビースモーカーだと話題だった。週刊誌で、映画の撮影の合間にタバコを吸っている姿もスクープされている。しかし、このところ、ある変化があったという。

「昨年の9月ごろから、二宮が禁煙を始めたという情報が舞い込んできました。その際、ネット上では、かねて交際している彼女が妊娠をしたのでは? とザワつきましたね。そして奇しくも同年11月に、二宮は結婚を発表。妊娠は否定していましたが、タイミングが一致するため、さまざまな憶測が飛び交ってしまいました」(芸能記者)

続いては『King&Prince』の平野紫耀。決定的な現場こそ撮られていないが、いくつもの証拠によって喫煙者だと推測されている。

「一部週刊誌にて、紅白歌合戦のリハーサル時にメンバーとともに喫煙所にいたことを報じられた他、楽屋の机に『iQOS』(アイコス)が置いてある場面をテレビ放送されたことがあるのです。電子タバコといえば、『Sexy Zone』佐藤勝利はアイコスを吸っている姿が週刊誌にばっちり掲載されたこともあるため、若手ジャニーズの間で流行しているのかもしれません」(芸能記者)

多くのストレスがかかるアイドル。一服のヒトトキは何ものにも代えがたい幸せなのかもしれない。

 

【あわせて読みたい】