元『SKE48』松井玲奈に出版界が熱い視線…「セクシー写真集絶対売れる!」

松井玲奈 

(C)まいじつ 

元『SKE48』の女優・松井玲奈が今、出版界から熱い注目を集めている。特に写真集関係者の間から「必ず売れる素材」とタイコ判のようだ。

「SKE時代はトップクラスの売れっ子で、2冊の写真集を出しましたが、やはり名古屋のローカルアイドルという印象でした。2015年に卒業後は、地道に女優として活動。そろそろ新たな写真集の出し時でしょう」(写真集編集者)

松井は現在、NHK連続テレビ小説『エール』に主人公の姉役で出演。他にも『浦安鉄筋家族』『行列の女神~らーめん才遊記~』(いずれもテレビ東京系)の2つのドラマに立て続けに出ていた。

「昨年も単発とはいえ、10本近くドラマに出ています。それなりの売れっ子なのですが、大して話題にならないし、目立つ感じもない。何だか非常に惜しい人です」(テレビ雑誌ライター)

SKEを卒業して間もなく5年になるが、松井玲奈というと、今でも〝元SKE〟という冠がついて回る。

「ネコ目系であまり女優顔をしていないと評判。いわゆる〝あっさり顔〟で濃い味がない。だから、何となく記憶に残らないところが難点と言えば難点」(同・ライター)

 

ムチムチボディーに熱視線!

とはいえ、カラダの方は大活躍の気配があるという。

「SKE時代やソロになった当初は、それほど豊満のイメージではなかった。実際、過去の水着写真も極フツー。ところが、今はムチムチ。身長162センチ、バストサイズ85センチのDカップ級。ドラマでもぴっちり服を着るとバスト揺れが分かるほど」(芸能記者)

熱い視線が注がれるのも、まさに今が写真集を出す絶好タイミングだからのようだ。

「年齢的にも、このあたりで一段上げが欲しいでしょう。でも、今の地味キャラではちょっと難しい。その意味でもアッと驚くセクシー写真集を出して存在感を出すのはベストな選択だと思います」(前出の写真集編集者)

現在、出版界は空前の写真集ブーム。彼女も出せば売れること間違いなしと、ほぼ全員が声をそろえているという。

「往年のSKEファンの購入も見込めるので、ギリギヌードで初版10万部、ギャラ3000万円、フルヌードなら20万部、7000万円です。ドラマ1話の出演料は50万円もいかないはず。ならば脱いで知名度を上げ、高ギャラをもらった方がいい。複数社が交渉しているようですが、年内には期待できるのではないでしょうか」(同・編集者)

やはり、脱いでこそ女優だ!

 

【あわせて読みたい】