「ママー 殺しちゃった」氷川きよし“日本語” ボヘミアン・ラプソディが酷い

氷川きよし 

画/彩賀ゆう  (C)まいじつ

6月5日放送の『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)に、氷川きよしが14年ぶりに出演。イギリスのロックバンド『Queen』の『ボヘミアン・ラプソディ』カバーを披露したが、視聴者は日本語訳の歌詞にズッコケてしまったようだ。

氷川は昨年のクリスマスコンサートで同曲を初披露し、今年2月の『うたコン』(NHK)ではテレビ初披露、3月にはYouTubeでコンサートの歌唱シーンを公開している。訳詞を担当したのは、日本に洋楽ポップスを広めた先駆者・湯川れい子氏で、コンサートでは「私が原曲に忠実に訳詩して、それをイギリスに送り、クイーン側から正式に日本語で歌う許可が下りて今日の発表となった」と手紙で観客に伝えていた。

氷川自身も「フレディ・マーキュリーの思いを感じながら日本語で伝えたいなと思って、湯川先生に訳詩をお願いしました」と語っており、なかなか思い入れの強い楽曲であるよう。この日の「Mステ」でも「日本語でこの素晴らしい作品を伝えたいと思って翻訳していただきました」と思いの丈を伝え、準備万端でのパフォーマンスとなった。

 

「意訳という概念どこいったwww」

しかしこの日本語詞、歌い出しは「ママー 殺しちゃった 銃口向けたら男は死んだ」と、原語版を直訳したようなもの。メロディーにはきちんと合っているものの、どこかクセの強い詞になってしまっている。その後も歌詞は、「ママ oh 悲しまないで もし僕が帰らなくても」「小さなシルエット男の影が」「どうぞ自由に逃してくれ」など、直訳したようなストレートな表現のオンパレードに。パフォーマンスこそ素晴らしかったものの、ツッコまずにはいられない文章表現が並んでいた。

演歌仕込みのコブシからロック特有のシャウトまで、その歌唱力は圧巻という他なかった氷川。しかしこの歌詞に関しては、ネット上に、

《何なんこれ、すごいうまいけど笑っちゃう笑》
《氷川きよしのボヘミアン・ラプソディは下手なお笑い番組より笑えるwww》
《何でも日本語訳しちゃダメだ、と強く思ったのでした》
《ださ過ぎワロタ》
《日本語カバーが直訳過ぎて無理www 意訳という概念どこいったwww》
《はっきり言ってひどかった 「殺しちゃったよ」はないな この人は英語で歌えるだろうになぜ日本語にしたのか謎》
《日本語直訳ロックで笑った!笑》

など、笑いやツッコミが次々と上がっていった。

演歌歌手と若者向けのジャンルでないためか、今回を含めても3回しか「Mステ」に出演していない氷川。今回の反響を契機に、今後は頻繁に出演してほしいものだ。

 

【あわせて読みたい】