『Mr.サンデー』宮根誠司に視聴者呆れ…「マスクが上下逆だよ!」

宮根誠司 

(C)まいじつ 

6月7日に放送された『Mr.サンデー』(フジテレビ系)では、コロナ禍で危惧されている〝マスク熱中症〟について特集。しかし、司会を務める宮根誠司の不適切な言動や行動が目立ったせいか、視聴者から批判が投げつけられた。

番組によると、マスクと熱中症の関係は医学的に証明されていないが、「マスクによって(顔の)熱が放熱しにくくなる」「呼吸が温められてしまう」といった2つのリスクが潜んでいるという。特に呼吸が温められると体温上昇にもつながるため、体が冷えなくなってしまうらしい。

「マスク熱中症」の説明が終わると、宮根はマスクを着けながら「これマスクって、こう着けると、本当に30度超えると息苦しいですし、まず耳が痛くなったりとかいろいろあるんですけども…」とコメント。しかし、マスクを上下逆さまに着けていた。

さらに、「マスクって人にうつさないためなのか、もらわないためなのか」「無症状の人がそもそも着けるものなのか、この暑さの中でって僕は思っちゃうんですけど……どうですかね?」とゲストコメンテーターの三鴨廣繁教授に質問する。

三鴨教授はこの疑問に熱心に答えるのだが、当の宮根は上の空で書類をペラペラとめくり、「うん、うん」と気のない適当な相づちを打っていた。

 

宮根の雑な言動に非難集中!「人の話はちゃんと聞こうね」

コロナ禍によって、今やマスク着用は日常的なものとなったはずなのに、なぜかマスクを上下逆さまに着けていた宮根。これにネット上では、

《ミヤネがマスク逆に着けながらマスクの苦しさを説明しててマジでアホくさい》
《普段マスク着けてんの? 向き間違えるってさすがにヤバイでしょ》
《おい、宮根! マスクが上下逆だよ! マスクが熱いとか語る資格ないわ!》

などの批判が殺到。また説明を受ける際の態度が悪かったことから、

《宮根の相づちが今日はやけに耳障り》
《あそこまで適当に相づち打つなら黙ってる方がマシ》
《話を聞いてる立場なのに、「うん」はないでしょ。ほんと不快》
《人の話はちゃんと聞こうね》
《人に話を振るだけ振って聞かない無礼なスタイルの宮根。さすが大物司会者ですね》

など、辛らつな意見も多数見受けられた。

「宮根は嫌いなキャスターランキングで毎年のように1位を取っています。またゲストの話を最後まで聞かずに自分の話を始めるので、業界でもあまり評判がよくありません。彼との共演を避ける著名人も多いといわれているだけに、いずれその地位を追われることになるでしょうね」(芸能関係者)

ニュースを伝える大事な仕事と同様、社会常識的な態度を期待したいものだ。

 

【あわせて読みたい】