『帰れま10』で放送事故!? “あの俳優”にモザイク処理「やらかした?」

竹内力

(C)まいじつ

6月8日放送の『帰れま10』(テレビ朝日系)で流れた過去映像の中で、ある男性がモザイク処理されていたとして話題に。「誰だ?」「何か悪いことした?」などと憶測を呼んでいる。

この日は『ガスト』の宅配メニュー45品からトップ10を当てることに。『タカアンドトシ』らが別々のテーブルに座り、ソーシャルディスタンスを守ってメニューを味わった。

過去にもガストで同様の企画を組んでおり、2012年1月9日放送の『お試しかっ!』(同)内の『帰れま10』では、カンニング竹山のチームがガストで、タカアンドトシのチームが『くら寿司』でメニューの順位を予想していた。

 

8年前のシーンで大柄男性をモザイク処理

この日の番組は、過去の挑戦シーンを合間に挿入する形で放送。その映像の中で、竹山チームの一人の男性にモザイクが施されていたため、視聴者から注目を集めることに。

《モザイクかかってるの誰?》
《帰れま10見てたらモザイクかかってる人いてなんか草》
《いま過去にガストで帰れま10やったときのゲストにモザイクかかってたんだけど、そんなやらかした人出てたの?》

また、企画が後半にさしかかると、突然モザイクが解除。その男性の正体は、竹内力だと判明した。どうやら、裏で放送されていた『スカッとジャパン』(フジテレビ系)に出演していたため、途中までモザイク処理されていたようだ。

《竹内力さんは裏番組に出てたそうです わかってスッキリ。笑》
《竹内力さんのモザイクが外れたから、裏番組が終わったことが分かるの草》
《裏番組終わったと同時に竹内力がしっかり写っている 笑》
《竹内力、スカッとジャパンの方に出てるからモザイクなのか》
《大人の事情でモザイクとは細やかな配慮》

答えがわかり、視聴者はスカッとしたようだ。

 

【あわせて読みたい】