『千鳥』大悟“収録中”にマジギレ!? 「ノブめっちゃ謝ってるじゃん」

(C)Luis Molinero / Shutterstock 

6月7日放送の『行列のできる法律相談所』(日本テレビ系)に出演したお笑いコンビ『千鳥』の大悟が、あからさまに機嫌が悪かったと視聴者の間で話題になった。

『フットボールアワー』後藤輝基、東野幸治といった同番組常連と結び付きが強いように感じる「千鳥」だが、意外にも今回が番組初登場。オープニングトークでもノブが悲願の出演だと喜びを明かしていくが、一方の大悟は低いテンションで出演の感想を述べるにとどまる。

2人は「『サンドウィッチマン』に勝てない」という悩み相談を持ち掛けたのだが、ここでもトークをリードするのはノブ。「好感度が低い原因は大悟にある」と彼を責める内容だったものの、明るく場を盛り上げるノブとは対照的な様子だ。

その後は大悟の「坊主から髪型を変えたい」という悩み相談も行われ、4種類のカツラをかぶったヘアスタイルの品評会が行われることに。しかし、どのカツラをかぶってもスタジオには微妙な空気が流れ、大悟もヘソを曲げたように「例え例え!」「手練れ手練れ! 何かせい!」と周囲のフォローに文句を言い始めた。

 

滑らされた上のダメ出しで半ギレ?

あまりの滑りっぷりにかえって笑ってしまった東野は、「腹ちぎれるくらいおもんない」とコメントし、この日のMC・後藤とともに「お前の出方も悪い!」などとダメ出し。しかし、大悟としてはカツラのチョイスにも不満があるようで、髪型を提案した4人のうちの1人・島太星には「コイツなんや右上のバカ」と直球な文句をぶつけていった。

雑なイジリで滑りに滑った揚げ句、先輩からも壮絶なダメ出しを食らってしまった大悟。その態度には不満げな様子がにじみ出るかのようで、視聴者からは、

《大悟バカ機嫌悪ない????》
《千鳥なんか雰囲気?悪くないか?ノブめっちゃ謝ってるじゃん。大悟半ギレ?》
《つまんないネタ振りばっかしてて滑り倒してる。大悟結構キレてるし》
《千鳥なんか雰囲気?悪くないか?》
《面白かったけど 何か切なくなった…》

など、ドン引きの声が…。

せっかくの初出演も、不本意な結果に終わってしまった?

 

【画像】

Luis Molinero / Shutterstock

【あわせて読みたい】