立川志らく“渡部の不倫”に言及!「された側のコメントは重みが違う」

立川志らく 

(C)まいじつ 

6月9日、『アンジャッシュ』渡部建がテレビ番組などへの出演を当面〝自粛〟すると発表した。今回の報道に伴い、翌日6月10日放送の『グッとラック!』(TBS系)でも、渡部の自粛について特集。番組MCの立川志らくがこの件に言及し、ネット上で話題になっている。

各スポーツ紙は渡部の〝不倫〟が原因で自粛に至ったと報道しており、番組で志らくは「こういうことがあると、奥さんは本当にかわいそうだなってのが一つ」と真っ先に渡部の妻・佐々木希を気遣った。

続けて「女遊びも芸の肥やしだってのは、もう昔の話なんだなと。芸人だろうがなんだろうが袋叩きにあってしまう」と芸能界の風習を話題に出し、「そりゃ当人がね、一番悪いのは事実なんだろうけど」とも漏らしていた。

また渡部の今後について、「芸人として開き直るか、イメージがある清潔なタレントとして生きていくか。その2つなんです」と持論を展開。一方で「私も番組持ってるから、私ももし同じことしたら、どうしようかって考えることもあるけど」と自身が同じ立場になった場合を想定した例も挙げていた。

 

浮気“された”側の意見に納得の視聴者

渡部の自粛報道にコメントする志らくに対して、ネット上では、

《志らくさんが不倫についてコメントするのすごいな。された側のコメントは重みが違う》
《不倫で被害を受けるのは配偶者だけなんだよ。だから渡部さんを叩いて良いのは志らく師匠だけ》
《志らくがコメントしてるのは、なんか重みが違った》
《志らくに不倫を語らせないであげて……》
《志らくのコメントは重みがあるよ。希ちゃんの気持ちがわかるはず》

などと同情の声が続出している。

「ご存じの方の多いと思いますが、今年の3月に、志らくの妻・酒井莉加が弟子と不倫していたことを『週刊文春』が報じています。この件は3月5日放送の『グッとラック!』でも取り上げられ、志らくは『夫婦の絆が壊れることもない。離婚することも1億%ない』と妻を擁護していました。自身が不倫された側だからこそ、渡部の件に関するコメントに重みが感じられたのでしょう」(芸能ライター)

志らくはリアルな実体験を、佐々木の気持ちに重ねて発言をしていたのだろうか…。

 

【あわせて読みたい】