佐々木希“ツイ消し”が話題になるも不倫騒動は全く無関係だった!

佐々木希 

(C)まいじつ 

『アンジャッシュ』渡部建の不倫騒動に関して、妻・佐々木希の〝ツイ消し〟に注目が集まった。しかし実は、それは大きな間違いだったとして話題になっている。

渡部の不倫に非難の声が殺到するのは当然だが、佐々木に対しては、同情や心配の声が広がっている。中でも多くの人が関心を寄せているのが彼女のツイッターだ。

渡部の騒動直後、ネット上では、

《希ちゃんがツイートを全消ししてる!かわいそう!》
《希ちゃん、よほど渡部の不倫がショックだったんだろうな。ツイートがなくなってるよ…》
《佐々木希、ツイートがゼロだ。ツイッターやめたのかな…》

など、佐々木の公式ツイッターを観察する人が続出していた。

「佐々木のツイッターアカウントには〝認証済みバッジ〟が付いているため、間違いなく本物です。フォロワーは19万人を誇るのですが、驚くべきことにツイート数はゼロ。2012年6月に開設して以来、ほとんどツイートしていないんです。ネット上では渡部の不倫のショックでツイートを全部消してしまったといわれていますが、大きな間違いですね。彼女がなぜツイッターに投稿しないのかは不明ですが、もともとツイッター上に佐々木の偽アカウントがいくつも登録されたことで、佐々木が自身のアカウントの存在を示すためだけに開設したといわれています」(ネットメディア編集者)

 

“佐々木希”という存在だけでフォロワー19万人

佐々木のツイートは12年のアカウント開設時のあいさつだけで、そのあいさつも程なくして削除されてしまったという。また、13年にジャスティン・ビーバーのツイートに対して〝いいね〟していたことが確認されているのみだ。

芸能人の中にはフォロワーを増やすために、金でフォロワーを買う裏技を使う者もいるという。しかし、たった一言のあいさつだけで、以降8年間無言のまま19万人のフォロワーを集めている佐々木の人気には驚かされる。

今後も佐々木がツイートする可能性は限りなく低そうだが、今回の騒動で、あらためて注目が集まっている。フォロワー20万人突破は時間の問題だろう。

 

【あわせて読みたい】