渡部建だけじゃなかった! 格差婚のクセに不倫した“格下男”たち

渡部建 

(C)まいじつ 

ご存じの通り、芸能活動自粛となった『アンジャッシュ』渡部建。美人妻がいながらの不貞行為に、世間からは「渡部ごときの男が最低だわ」「渡部ごときが佐々木希様を差し置いて不倫とか許すまじ」など、批判が起こっている。

「渡部は十分売れっ子ではありますが、佐々木希の相手としては世間から見て格差婚でしかない。格下の渡部が、格上の佐々木を傷つけたことで、怒りが増幅しているようですね」(芸能記者)

しかしナゼか、格差婚の〝下〟が不倫をするケースはこれまでに何度もあった。最近の例でいうと、俳優の東出昌大だろう。女優の杏と結婚して3児をもうけた東出だったが、女優の唐田えりかと約3年間にわたって不倫していたことが発覚。当然、ここ最近の不倫報道の中ではトップレベルに燃え上がった。

「報道によると、東出は一度、杏に不倫がバレかけて疑われた際、『頭おかしいんじゃない?』と暴言を吐いて逃げたといいます。格下男の横暴で、世間の怒りは膨れ上がりましたね」(同・記者)

 

けなげな紀香が気の毒過ぎる…!

少し前にさかのぼると、お笑い芸人・陣内智則と女優・藤原紀香の元夫婦も、格下男である陣内がやらかしていた。

「当時の報道によると、陣内は不倫を繰り返し、紀香を深く傷つけていたようです。それでも紀香はけなげに陣内との仲を取り持とうとしましたが、陣内は当時、仕事の拠点だった大阪に『来るな』と、紀香を突き返すなど身勝手三昧。『智ちゃんを愛しているから、がんばる』と耐えていた紀香も、そのうち限界を迎え、離婚になったといいます」(同)

最後は女優の仲間由紀恵と俳優の田中哲司夫婦だ。

「2人は2014年に結婚。そして3年後の17年に田中の不倫が報じられました。ルックスは決してイケメンではなく、大して売れておらず、仲間よりも14コ上。そんな田中の不倫に、ネット上では『最低のブサ男だわ!』『ブサイクジジイの癖に』『逆玉みたいな売名に仲間さんを使い、チョイチョイ売れ出したらコレだよ…』など、大バッシングが飛び交いました」(同)

高嶺の花と結婚する男は、それだけ野心と向上心もスゴいというもの。結婚したら〝終わり〟とはいかないのかもしれない。

 

【あわせて読みたい】