ドラマ『浦安鉄筋家族』前代未聞!? “撮影用の家”解体されて大困惑…

水野美紀 

(C)まいじつ 

女優の水野美紀が6月13日に更新したツイッターに注目が集まっている。その内容は、水野が出演中のドラマ『浦安鉄筋家族』(テレビ東京系)に関してのもので、主人公たちが住む家についてのこと。

水野は《私的ここ最近で一番たまげたニュースが飛び込んできました。撮影中断中の「浦安鉄筋家族」。家のシーンは取り壊し予定の一軒家を使って撮影しておりましたが、その一軒家、予定通り取り壊されたそうです。大沢木家、解体されました。家、なくなりました。どうすんの!!!??》と驚愕の事実を明かした。

このツイートに、主演を務める佐藤二朗も反応。《おい、ちょ、どうすんねん、テレ東、どうすんねん、まあ、い、い、一家の大黒柱として、お、お、俺が、ど、ど、ど、どうにかする(←まるでノープラン)》とツイートしている。

 

浦安鉄筋家族の撮影はどうなる!?

さらに水野は、《なかなか撮影再開しないなと思ったら。ちなみに外観と中は別場所なので、今のところ、玄関入ったら更地、ということになるわけです。教えてくれたプロデューサーももはやちょっと笑っちゃってました。ほぼ撮影済みの回もあるのに。再撮影する予算はないぞ!どうなる浦安鉄筋家族》と、難しい状況であることを明かした。

この前代未聞の出来事に、ネットも騒然。

《マンガの原作でもたびたび、大沢木家の自宅が破壊されているからってドラマまでリアルに…(笑)》
《コロナで撮影は止まっても、取り壊しは止まらないのですね…でも浦鉄ならコロナも取り壊しすらネタにしていきそうな予感もしますw》
《めちゃめちゃ面白い展開になってるじゃないですか。笑 のり子の家に移り住むっていうストーリー展開どうですか?》
《もういっそ、タワマン生活してる大沢木家見たい》

などのツイートが投稿された。

番組の公式アカウントは今回の事態に《大沢木家最大のピンチ!!(こればっかりはノンフィクション)一体どうなる!?》と投稿しており、ノープランであることを暴露。ドラマは6話まで放送済みで、7話以降の放映スケジュールはまだ決まっていないという。

水野によると撮影はまだ再開されていないようだが、どんな対応をするのか注目したい。

 

【あわせて読みたい】