渡部建に説教した藤森慎吾にツッコミ!「お前も相当なもんだぞ」

藤森慎吾 

(C)まいじつ 

〝キモ不倫〟渦中の『アンジャッシュ』渡部建がメインMCを務めていたTBS系情報番組『王様のブランチ』。騒動後初の放送回となった6月13日、そこには当然、渡部の姿はナシ。アシスタントの佐藤栞里が、渡部の出演見合わせについてコメントした。その際、同番組レギュラー『オリエンタルラジオ』藤森慎吾の発言が話題になった。

番組冒頭、同局の山形純菜アナが一連の報道を踏まえ、渡部の出演見合わせを報告。佐藤は「今回からこのようなメンバーでお送りすることになってしまいましたが『王様のブランチ』は楽しい情報をお届けする番組です。今週もテレビをご覧の皆さんが笑顔になれる番組にしたいと思います。よろしくお願いします」と、時折声を詰まらせ、涙を浮かべながら視聴者に向けてあいさつした。

この佐藤のけなげな姿に、共演者は「頑張ろう」と励ましの言葉を掛けていたが、藤森は「栞里ちゃんにこんな顔させんじゃねえよ! 本当に! 何だよもう! 馬鹿野郎!」と、渡部に向かって怒りの言葉をぶつけた。

佐藤の姿にネット上では、

《しおりちゃんがんばれ!》
《もらい泣きしてしまった…栞里ちゃんがんばれー!》
《渡部は多方面に迷惑掛け過ぎ。二度と戻って来ないでほしい》
《先週まで隣で司会してた人が、とんでもないスキャンダル起こして雲隠れしてたら、悲しいわ情けないわ不安だわで、ああなるのは仕方ないと思う》

などといった励ましと怒りの言葉が並んだ。

 

藤森に並べ立てられる厳しい言葉

その一方で藤森に対しては、

《お前も結婚してないだけで文春に書かれたことが本当なら相当なもんだけどな、って思ったのは私だけ?》
《藤森が「栞ちゃんにこんな顔させるんじゃねーぞ」みたいなこと言ってて、どの口が言ってんのと急に冷めた》
《藤森が渡部批判できんわって突っ込んだわ》

など、厳しい言葉が投げつけられた。

「藤森は2012年12月に渡部同様、文春砲を食らっています。その内容はモデルを妊娠、中絶させ、慰謝料として350万円を支払ったというもの。その後のとあるイベントで記事について問われた藤森は『お騒がせして、ご迷惑をお掛けして申し訳ありません』などと、記事の内容について暗に認めていました」(芸能記者)

藤森は「お相手の女性にはきちっと対応したつもりです」と釈明して騒動は終結しているが、当時は田中みな実との交際がカムフラージュといわれたほど大騒ぎになった。

今回の佐藤へのフォローに称賛の声も上がっている藤森。どうやら彼は世間から許されたようだが…。

 

【あわせて読みたい】