道端アンジェリカ“復帰”に冷めた声…「今さら戻る場所ないだろ」

道端アンジェリカ 

(C)まいじつ 

モデルの道端アンジェリカが6月15日、自身のインスタグラムを更新。芸能活動を再開することを報告した。

道端は《昨年は関係者の方、ならびにファンの方へご迷惑とご心配おかけしたこと心より深くお詫び申し上げます。このたびモデル活動を再開するにあたって、まずは自分の言葉でちゃんとみなさまに伝えられたらと思い、動画を撮りました》とつづり、同時に動画を公開した。

View this post on Instagram

お久しぶりです。 昨年は関係者の方、ならびにファンの方へご迷惑とご心配おかけしたこと心より深くお詫び申し上げます。 このたびモデル活動を再開するにあたって、まずは自分の言葉でちゃんとみなさまに伝えられたらと思い、動画を撮りました。 あれからたくさんの時間をかけ自分自身と向き合い、私なりにこれから先どう生きていくか、どう生きていきたいか考えました。 私はこのお仕事が心から好きです。このお仕事に出会え、みなさまの支えのおかげで今までの私がありました。 これからは今まで私を支えてくださっていた方々に恩返しをするつもりで、モデル活動のみならず、社会貢献につながるお仕事をしていきたいと思います。 これから先のことですが、私は今まで所属していた事務所を辞め、独立することにしました。 これからは一人の女性として母として、そしてモデル道端アンジェリカとして、一人でゼロからスタートしていきたいと思います。 微力ではありますが、少しでもみなさまのお役にたてるよう、そしてモデル活動や社会貢献活動を通してまたみなさまを幸せにできますように努力いたします。 最後まで読んでくださってありがとうございましたm(_ _)m

A post shared by 道端アンジェリカ (@angelica_michibata) on

「夫の恐喝事件から〝美人局(つつもたせ)疑惑〟が浮上していたアンジェリカですが、インスタグラムでは裁判で夫とともに不起訴になったことを明かし、事務所を辞め、独立することを報告しました。夫とは離婚協議中だといいますが、一度貼り付いたマイナスイメージは、離婚しても払拭することはできないでしょうね。動画の前半では神妙な顔つきで謝罪しましたが、後半では一転、笑顔で仕事の報告をするなど、真剣に謝罪する気があるのかも疑わしかったです。今のままでは前途は多難と言わざるを得ませんね」(芸能記者)

 

抜群のスタイルまだまだ健在で…

ネット上では、

《ムリに復帰しなくてもいいよw》
《昔はそれなりに需要があったと思うけど、今さら戻る場所なんてないだろ》
《あの旦那を見たらもはやセレブ感ゼロだろ》
《子どもを盾に復帰の道を模索ですか? ほんと、ご都合主義だな》
《裏表のある怖い人というイメージが定着しちゃったからな。テレビはもう難しいのでは?》

など、復帰に関して否定的な意見が圧倒的だ。

「モデルとして芸能界に復帰するのはかなり厳しい様相ですが、一方で、出版や映像業界からは仕事のオファーが舞い込みそうです。モデル全盛期のころから月日がたっているとはいえ、ジェシカはまだ34歳です。身長175センチ、スリーサイズは上から86・60・88の抜群のスタイルは、まだまだ健在です。セクシー写真集やビデオを発売したら爆売れ間違いないでしょう。離婚したら、いつまでもセレブを気取っているわけにはいきません。先の見えないモデル業よりも活路は見いだせると思いますよ。モデルの仕事が思ったよりも順調に推移しないときが転機になるでしょうね」(芸能関係者)

道端の〝みそぎセクシー〟を心待ちにしているファンも多そうだ。

 

【あわせて読みたい】