さまぁ~ず三村“アンジャ児嶋”へのメッセージが「寒過ぎ…」と話題に

(C)ArtFamily / Shutterstock 

『さまぁ~ず』三村マサカズが6月12日、自身のツイッターを更新。複数女性との不倫で芸能活動を自粛している『アンジャッシュ』渡部建の相方・児嶋一哉に〝励まし〟のメッセージを送った。しかし、ネット上では「サムい」と呆れる声が上がっているようだ。

この日、児嶋は渡部の代役でラジオ番組『GOLD RUSH』(J-WAVE)に出演。番組の冒頭で、声を詰まらせながら謝罪し、「本当にバカですね。大バカで、調子に乗ってたんでしょうね」「人の痛みとか、思いやりとか、優しさとか、愛とか、もうないんですよね。だからこういうことになるんです」と渡部を叱責。「変に口がウマくて、頭が回るけど、そんな小手先に走らず、心で人と通じ合える人間になってほしいです」と願望を口にしていた。

放送後、児嶋は自身のツイッターを更新。《たくさんの応援メッセージありがとうございます。頑張ります!》とお礼を述べると、ネットユーザーからは、

《コツコツと頑張って、謙虚な姿が好きですよ。浮島さん!笑》
《佐渡島さん、無理せずにこれからの活躍を期待してます!》

などと、児嶋の代表的なギャグ〝児嶋だよ!〟を期待して名前をイジる声が続出していた。

 

三村マサカズ渾身のボケが滑り過ぎ!?

その流れに乗じ、三村も《小島瑠璃子。今が頑張りどきだ。無理はするな。自分ができることだけする。あとは、風まかせー》と〝コジマ〟違いでエールを送るのだった。

絶妙にボケた三村の温かいメッセージに、ファンからは感激の声が続出。しかし、その一方で、

《滑り倒してんな》
《これボケのつもりなの? 全然面白くないけど》
《三村嫌いじゃないけどこれはマジでつまんない》

など、呆れ声も投げつけられている。

「名前を間違えるボケは、一般ユーザーの多くが児嶋に送っており、ネット上ではそのノリが『サムい』と呆れる声が多く上がっていました。そんな中、お笑いのプロである三村が同じボケをしたことに、落胆する人が多いようです」(芸能記者)

なお児嶋に対し、有吉弘行は《寝まーす》と無関心を装い、劇団ひとりは《児嶋さん!おれ今日、車のマフラー替えました!》などと、各々ボケ倒していく展開も重なり、結果、まるで三村だけが〝絶妙にスベった〟かのような状態になってしまった。

三村のボケに、児嶋は《児嶋一哉だよ! ありがとうございます》と返していたが、内心はどう思っていたのだろうか。

 

【画像】

ArtFamily / Shutterstock

【あわせて読みたい】