石田純一の“老人化”に芸能記者も仰天! ただの靴下を履き忘れた人…

石田純一 

(C)まいじつ

石田純一の〝老人化〟にマスコミ陣も驚いた。「実は80歳以上」疑惑も出たほどだ。

「6月11日に石田は、レギュラーを務めるラジオ番組に復帰。マスコミ関係者が集まったのですが、その顔に取材陣も驚き。新型コロナで体力を落としているのかもしれませんが、とても60代に見えませんでした。本当に80歳過ぎという感じだったのです」(スポーツ紙記者)

石田は新型コロナウイルスで入院後、5月12日に退院。しばらく自宅静養していたが、同月31日には快気祝いなのか、都内のレストランで飲食。泥酔で路上を歩いているところを写真誌に撮られていた。

「撮られたときはマスクなしで、素顔がモロ見え。だから酔っぱらってヨロヨロしているサマは、本当のお爺さんに見えたようです。マスクをしていない非常識ぶりに加え、老人顔だったため、記者は二度驚いたらしいですよ」(写真誌関係者)

石田のラジオ復帰の際に集まった記者たちは、彼の仕事に対する思いを聞こうと集まったのではない。『アンジャッシュ』渡部建の不倫についてコメントを取るために来た者ばかりだった。

 

芸能界の不倫騒動へのコメントは?

「その昔、石田も不倫がバレ、その際に『不倫は文化だ』とトンデモ発言をしたとウワサされました。だから、何か面白いことを言うのではないかと、みんな期待した。ところが、『いきさつは分からないが頑張ってほしい』というレベルで肩透かし。さすがに今回は考えたのでしょう」(スポーツ紙記者)

気の利いたコメントはなかったが、石田の格好が話題に。紺のブレザーにグレーのズボン、茶色の靴をおなじみの素足で履いていたのだが…。

「マスクをしているのですが、顔が黒いシミだらけ。それに顔のシワシワがすごかったのです。昔から石田を知っている記者も『老け過ぎだ』と感じたそうです」(同・記者)

石田のゴルフ好きは有名。新型コロナ感染発覚前にも複数回ゴルフをしていたことも分かっている。

「炎天下の太陽にさらされると、シミやシワができるといいますね。実際に石田は80歳以上の肌に見えます。相変わらず素足で革靴を履いていますが、その〝スタイル〟を知らない人が見たら、ただの履き忘れたボケ老人と思ってしまうかもしれません」(女性誌記者)

今年の1月に66歳になった石田。自身へのバッシングの声が高まる中、今後はどのような活動をするのだろうか。

 

【あわせて読みたい】