明石家さんま“多目的トイレ”擁護に呆れ声「世間とズレ過ぎ」

明石家さんま

画/彩賀ゆう(C)まいじつ

お笑いタレントの明石家さんまが6月13日、ラジオ番組『ヤングタウン土曜日』(MBS)に出演。複数女性との不倫問題で芸能活動を自粛している『アンジャッシュ』渡部建について言及したところ、その一部発言が物議を醸している。

さんまは「次から次へと…。なぜ僕の周りに起こってしまうのか」と嘆きつつ、「お笑い番組にとってすごくもったいない人材ばかりが謹慎だ自粛だとかしていく」と、『雨上がり決死隊』宮迫博之の件を含めて、2人がレギュラー出演していた『行列のできる法律相談所』(日本テレビ系)は〝飛車角を失った〟と表現した。

そして、渡部が多目的トイレで性交していたことについて「渡部は〝誰も絶対来ない〟という思惑で選んでるんだと思う」と推察。「ホテルに行けない、ここも使えない…。有名人は密会場所にものすごい困るのよ、実は。車で遠くに行った方がいいんじゃないかとか、車の中でとか…」などと〝実体験〟を交えて告白する。

さらに「ケチってあの場所(多目的トイレ)を選んだわけではないと思う。その立場にならないと分からへんねん」と、渡部の考えに一定の理解を示していた。

 

さんまの持論に疑問の声が続出

しかしネット上では、これらの発言について、

《何の言い訳?》
《問題はそこじゃないだろうが、理性だろ》
《変なかばい方だよなあ さんまも多目的トイレでやってるの?》
《まるで不倫は当たり前のようだな》
《完全に時代に取り残されてる》
《世間とスゴいズレてるよなあ》

などと、物議を醸す声が多く上がっている。

「さんまいわく、『ひょうきん族』の時代は、共演者の女性スキャンダルが出たら〝ガッツポーズ〟で喜んだとか。というのも、その時代は〝スキャンダルをもネタにする精神〟があり、それを世間も見て笑ってくれるから。その上で、倫理感覚を現代に〝アップデート〟する大切さについて語っています」(芸能ライター)

14日放送の『行列のできる法律相談所』では、65歳での引退を延長したと告白しているさんま。価値観を現代にアップデートして、まだまだ笑いを届けてほしいものだ。

 

【あわせて読みたい】