『ボンビーガール』大失敗! 森泉の“家新築企画”で33万円分の出費…

森泉 

(C)まいじつ 

タレント・森泉が6月16日放送の『幸せ!ボンビーガール』(日本テレビ系)で家を建設する企画を再開させた。番組中のあるシーンに、建築物に詳しい視聴者が反発する事態となっている。

「見てる人もマネしやすいローコストで建てられたら」と、千葉県内にある築40年以上の家を取り壊して、限界まで安いマイホームを自ら建てる同企画。森は関連資格を取得して家を取り壊し、3月に更地にした。

しかし、4月に外出自粛要請が出されて作業は中断、新規の作業に着手できず。6月に森は改めて現場を訪れた。

 

外出自粛で鉄骨にさびも「再発注する必要なし!」

森は久しぶりの現場に入ると、心配していたことがあると口に。自粛要請期間前に用意した33万円分の鉄骨(鉄筋)を、ブルーシートを敷いたまま3カ月間、現地に放置していた。間を置かずに使う予定だったという森は「怖い、見るのが怖い」とつぶやきながらブルーシートをはがしたが、鉄骨の表面はさびた状態に。森は「やっぱ、さびるんだよー」と嘆いた。

森はこの鉄骨を「土台の鉄筋コンクリート用の鉄筋」と説明。番組サイドは「仕方ないので、再発注するとして…」と鉄筋の話題を終了させる。この日は基礎工事の模様を紹介し、森は率先して作業に取り組んでいた。

しかし、一部視聴者はこのまま話を終わらせることを疑問視。「鉄筋を再び発注する必要はない」と説いている。

《ボンビーガールの森泉のイチから家建てるやつ参考程度、というか参考にしないでほしい。あの鉄骨も芯まで錆びてるわけじゃないから問題ないし》
《家の基礎用に用意した鉄筋が錆びて使えないから買い直すとしてって、平然と30万放る森泉に引いた》
《ボンビーガールで森泉が鉄筋錆びたからって再発注してたけど、強度上なにも問題なくない?》
《基礎の鉄筋とか、コンクリートの割れを防ぐ物だから、多少の錆があっても問題ないけどね》

どちらが正しい判断なのかは人によってわかれるだろうが、ローコストで行う企画で、とんだ出費になってしまった。

 

【あわせて読みたい】