『東大王』赤っ恥!? 出題したクイズにツッコミ殺到「意味を間違えてる」

(C)Vital9s / Shutterstock 

6月17日放送の『踊る!さんま御殿!!』(日本テレビ系)に、クイズプレイヤーの林輝幸が登場。番組の中で〝あるクイズ〟を出題した林だったが、どうやらその答えに視聴者からツッコミが殺到しているようだ。

東京大学文学部に所属する現役大学生の林。彼は『東大王』(TBS系)への出演をきっかけに〝クイズプレイヤー〟としてさまざまな番組で活躍している。

そしてこの日の番組では、「東大 早大の超インテリ軍団vsキャラの濃すぎるノットインテリ軍団!」と題した企画を放送。その中で「私って頭がいいなあと思った時」を尋ねられる一幕があり、林は〝クイズを出す際に、相手が興味のある分野のクイズを出題するところ〟と答えるのだった。

これに司会の明石家さんまが食いつき、〝番組の出演者にクイズを出すとしたらどんな問題を出すのか〟といった話を振る。そして林は、ゲスト出演していたモデルの生見愛瑠へクイズを出題することに。

高校を卒業したばかりだという生見に対して、林は少し考えただけでクイズを考案。「じゃあ、メイクの話をしましょう」と切り出し、「韓国語で可愛いっていう意味がある、今流行りの韓国のメイクってご存知ですか?」と出題してみせた。この問題に生見は「アンニュイメイク」と答えたが、残念ながら不正解。ちなみに正解は〝オルチャンメイク〟だったようだ。

 

『東大王』にツッコミ殺到!?「かわいいって意味じゃない」

頭の回転の速さを見せつけた林だったが、ネット上にはツッコミが殺到。どうやらオルチャンメイクの意味を間違えていたらしく、視聴者からは、

《オルチャンってかわいいって意味じゃないから》
《意味を間違えてるよね。東大生が言ったら信じちゃう人多いだろうし撤回してほしい》
《林もダメだけど、番組スタッフもダメ。ちゃんと意味調べてから放送してね》
《オルチャンは「顔面最高」の略だった気がしなくもないから、それを韓国語で「カワイイ」の意味、としてクイズ出すのは違う気がする……》
《何個か意味あるのにクイズにしちゃダメでしょ。頭悪いな》
《「顔最高」という意味の韓国語の略「オルチャン」に「かわいい」という意味がないのは、韓国の価値観では「かわいい」より「美しい・キレイ」が上位に位置するから。韓国語で「かわいい」は女性の褒め言葉としてイマイチ適切ではない》

などの声が。というのも、オルチャンの語源は〝オルグル(顔)〟と〝チャン(最高)〟を組み合わせた造語で、この言葉自体に〝可愛い〟という意味は含まれていないのだ。

しかしオルチャンメイクは〝目元を強調した可愛らしいイメージ〟といった意味合いで使われることもあり、一概に林が間違っていたとも言い難い。とはいえ浅はかな知識でクイズを出題すると、思いもよらない火種を生んでしまうのは間違いなさそうだ。

 

【画像】

Vital9s / Shutterstock

【あわせて読みたい】