加藤茶の妻・綾菜“介護の仕事”開始!「本当に好きじゃなきゃできないよ」

加藤茶

(C)まいじつ

お笑いタレント・加藤茶の妻でタレントの加藤綾菜が6月16日、自身のインスタグラムを更新。介護施設で働き始めることを報告した。

彩菜は平日に週2~3日のペースで介護の学校に通い、3月に実技試験に合格したという。彼女は《撮影が終わり緩和ケアの授業を受けたノートを復習。やっぱり、初任者研修(ヘルパー2級)を取ったなら1級(実務者)取って知識を深めたい 自己満のためじゃなく役に立つ自分になりたいと心から思ったよ 介護の現場にも立ちたい。。。学びたいってことで働かせてもらえる施設を探してまして。。。 見つかりました 働かせていただけることになりました!! 感謝です》などとつづり、喜びをあらわにした。

 

「ドンドンいい奥さんになっていくね」

この報告に、フォロワーからは、

《心から介護をしたいなんてホント優しいですね。綾菜さんらしく優しさをモットーに頑張って下さいね》
《1級だといろいろできる範囲が増えるので頑張ってください。応援してます》
《加トちゃん 何ていい奥さんをもらったんだろう。幸せだなぁ》
《介護の勉強って加トちゃんのために始めたんだよね。本当に好きじゃなきゃできないよなぁ》
《マジでここまで頑張ってるとは知らなかった。ドンドンいい奥さんになっていくね》

など、温かいエールが送られている。

「彩菜は昨年12月に放送された『サンデー・ジャポン』(TBS系)で、45歳年上の夫のために介護の学校に通っていることを明かしており、視聴者から感嘆の声が上がっていました。本人も芸能活動や家事などの合間に必死に勉強していたようですね。2人の結婚当初は〝財産狙い〟などとバッシングが続出。自宅のポストから郵便物が盗まれたり、ネット上に住所を拡散され、引っ越しを余儀なくされるなど、散々な目に遭いました。しかし今ではすっかり〝良妻〟として、一目置かれる存在になっています」(芸能記者)

献身的に夫に尽くし、偽りのない夫婦愛を証明した彩菜。茶も安心して老後生活を送れるに違いない。

 

【あわせて読みたい】