デヴィ夫人“整形疑惑のKYタレント”と和解も「お前が謝れや」の声

デヴィ夫人 

(C)まいじつ 

先日に当サイトでも報じた、タレント・小島瑠璃子とデヴィ夫人の〝雪解け〟について、デヴィ夫人が自らその口を開いた。

2人は2013年の『さんま・くりぃむの芸能界個人情報グランプリ』(フジテレビ系)で共演したが、夫人は小島に対して公然と不満を口にしていた。何でも、ケガと隣り合わせで猛練習した特技を小島が認めなかったことに、どうしても納得がいかなかったよう。放送後には《番組を台無しにした整形疑惑のKYタレントK.R》というドギツいタイトルのブログまで更新し、

《ひな段に座っていたK.Rは 得意気に意見を言い始めました》
《K.Rの思慮のなさのために すべて台無しとなりました。先生も含めて 私たちの10カ月の努力は 水の泡と消えました》

など、イニシャルで小島への怒りを爆発させた。《整形疑惑》との表現には怒りの激しさがにじんでおり、以降、2人は共演機会がなくなることとなる。

 

デヴィ夫人は気にしていないようだが…

しかし去る6月8日、2人は『クイズ!THE違和感』(TBS系)にて、騒動から実に6年半ぶりの共演を果たす。この〝雪解け〟はネットで密かな話題となり、17日には『NEWSポストセブン』が夫人への直撃インタビュー記事まで配信した。

夫人は《(共演NGなんて)そんな面倒なこと言いません》と、途絶えていた共演は自身の意向ではないと回答。しかし周囲は気を使っていたようで、今回の共演についても、プロデューサーから「小島瑠璃子さんが出ますよ、大丈夫ですか?」と忖度があったことを明かした。

しかし、夫人は《〝どうぞ、どうぞ。大丈夫ですよ〟とお答えしたんです》とオファーを快諾したと告白。6年半前の一件も、謝罪を受けているため気にしていないようで、《小島瑠璃子さんのことはもう許しました》と雪解けを認めている。

長年のすれ違いが解消したという、一見するとポジティブなこのエピソード。しかしネット民は、怒りをぶちまけたことで話をややこしくした「夫人側に問題がある」と感じたようで、

《これはデヴィ夫人が大人げない》
《整形疑惑とか、ホンマに名誉毀損もいいとこやし》
《自分が優勝できなかったことにイラ立ち、収録後に小島をイニシャルでディスってたのだから、デヴィが小島に謝るべきではないか》
《お仕事で盛り上げるために考えてやったことをブログで大先輩にたたかれるってつらいな》
《デヴィが許す許さないではなく、小島がデヴィの自己中心的な振る舞いを受けてどうするのかだと思う》

などの声が多数上がっている。

ストレートな物言いがお茶の間の人気を博し、「ご意見番」と呼ばれることも多い夫人。しかし、頭に来たとはいえ《整形疑惑のKYタレント》は言い過ぎだっただろう。

 

【あわせて読みたい】