「安室の女はニワカ」“名探偵コナン特集”の『今くら』に古参ファン激怒!

(C)pathdoc / Shutterstock 

6月17日に放送された『今夜くらべてみました』(日本テレビ系)では、国民的人気作『名探偵コナン』を特集。若い女性たちから絶大な人気を誇る『安室透』のファン、通称〝安室の女〟というワードが話題に挙がり、古参ファンからブーイングの嵐が巻き起こっている。

今回の放送は『トリオ THE 名探偵コナンを愛しすぎる女』と題し、演歌歌手の水森かおり、若手芸人トリオ『ぼる塾』の田辺智加、『2013ミス・ユニバース』日本代表で〝安室ファン〟の松尾幸実が登場。番組内では現在の『名探偵コナン』のファン層に20代から30代の女性が多いことが紹介され、その流れで〝安室の女〟についても取り上げられた。

そこで〝安室の女〟である松尾は、同作にハマった経緯を語ることに。彼女は「心がちょっと不感症になった時期があって」と切り出し、「もう私は娯楽を楽しめない人間になってしまった時に、2016年『純黒の悪夢(ナイトメア)』で安室透くんと出会うことがあって、『なにこのイケメン?』ってそこからどんどん深みにハマって……」と安室との出会いについて説明していた。

 

『コナン』の古参ファンによる猛攻

その後も松尾は、番組内で思う存分〝安室愛〟を熱弁。しかし古参ファンたちは〝安室きっかけ〟でコナンを見始めた人が好きではないようで、ネット上には、

《『今くら』でコナンやってるけど安室が出てくる前からコナンを読み込んでる私にとって安室入りの女は〝にわか〟だと思ってる》
《安室の女になってコナンの界隈に入ってきた人は、一人残らずにわかだと思ってるので、公共の電波で流すな。不愉快》
《安室の女クッソにわかでウザ(平次推し)》
《『今くら』でコナンにハマった女たちやってたけどさぁ、なんかにわか感出ててつらい》
《コナンファン歴浅い。にわかじゃないんって思う。長年ファンで安室さんのファンになったっていうのは別。それはガチ勢。ちなみに同い年だとコナンファン歴は負ける気がせん。爆破でどの映画かまず見抜けるしw》

などの〝にわか〟叩きが続出している。

「過激な一部の『コナン』ファンが話題になることは多いです。6月5日放送の『ヒルナンデス!』(日本テレビ系)で同作の人気キャラランキングが発表された際、〝安室の女〟は安室が7位という微妙な結果で終わってしまったことに憤慨していました。今回のように、同じ作品のファンがファンを叩くという〝イタい〟ファンも多く、悪い意味で注目を集めることが多々あるのです」(芸能ライター)

一方で一般的なコナンファンの人からは、

《コナン界隈はもう本当に嫌だ。にわかは立ち去れ的な古参の気持ち悪さと新規のミーハーさと、オタクの嫌なところがすべて凝縮されたコンテンツ》
《夢女だろうが、腐女子だろうが、原作ガチだろうが、アニメだけ見てようが、にわかだろうが、その漫画やアニメが盛り上がっていればいいと思う》

などの意見も。古参ファンも新参ファンも、同じ作品を愛していることに変わりはないと思うのだが……。

 

【画像】

pathdoc / Shutterstock

【あわせて読みたい】