新たな嫌がらせ『猫ハラスメント』が話題!「自分はされたい」の声も

(C)The Len / Shutterstock 

東京・渋谷の映画会社に関するパワハラ訴訟を巡り、ネット上で〝新たなハラスメント〟が誕生したと、にわかに話題になっている。

6月16日、都内と京都で映画館の運営や映像販売を行う『アップリンク』社の元従業員5名が、同社と代表のA氏を相手取った損害賠償訴訟を起こした。同日には弁護士も同席した記者会見が行われ、

《従業員に対して「精神疾患者を雇った俺がおかしかった」と発言》
《A氏が落とした物をA氏自身が拾うことができるにもかかわらず、従業員に拾わせる》
《従業員、映画館利用客、他社の従業員の前で叱責》
《従業員に対して「怒鳴られる側が悪い」との発言》

など、元従業員が受けたという壮絶なパワハラ事例の数々が明らかに。また、元従業員は、「入社した日から退職する日まで、暴力的な発言、待遇によって、私や同僚が傷つけられる場面に何度も直面してきました」「魅力を感じて入社した人がA氏のハラスメントによって深く傷つき、やめていく姿を何度も目にしてきました」「度重なるパワハラにより心身に不調を来すようになりました」と心身への被害も明かし、原告のツイッターアカウントでは被害談に加えて声明文も公開されている。

 

深刻な被害の中に突然出てきた“癒やし”ワード

ここまでを見ると、パワハラ訴訟に際してはよく見られる光景。しかし、原告が語った事例の中には、世間の耳目を集める珍しいハラスメントも入っていたのだ。

原告代理人によると、パワハラの中には、

《休日返上の業務中に、猫カフェに一緒に入店するよう求められ、業務とは無関係に2時間も拘束された》

といった事例が。プライベートであるはずのA氏の猫カフェ利用に付き合わされるという、〝時間外労働〟〝公私混同〟と言えるものがあったのだ。

するとネット上では、深刻な被害の中に突然出てきた〝猫〟というワードや、〝猫カフェに付き合わされる〟という特異性がにわかに注目を浴びることに。そこには「これは〝猫ハラ〟ではないか」という新たなハラスメント概念の指摘も見られ、

《猫アレルギーの人には地獄ですね》
《猫カフェに2時間も拘束とかヒド過ぎる》
《猫ハラ…!興味ない人からしたら強制飲みと変わらんもんな》
《ウチも猫ハラ気を付けねばならないな》
《猫ハラ…自分はされたい》
《猫ハラ、今週の猫ちゃんニュースとしてはバッド過ぎる》
《なぜ猫カフェくらい1人で入れないのか》

などの声が上がっている。

パワハラが認定されれば、本人の同意なき猫カフェの入店は〝ハラスメント〟として扱われることとなる今回の裁判。その後はドッグカフェやアニマルカフェと、さまざまな分野に広がっていくことだろう。

 

【画像】

The Len / Shutterstock

【あわせて読みたい】