白石麻衣『ごくせん』“新主役”報道に投げつけられた「無謀!」の声

白石麻衣 

画/彩賀ゆう  (C)まいじつ 

『乃木坂46』の白石麻衣が、日本テレビ制作の大ヒットドラマ『ごくせん』の新主役を務める可能性があると、一部夕刊紙が報じて注目を集めている。

「夕刊紙にありがちなブチ上げかもしれません。白石はいまだ卒業が決まらず、乃木坂に〝名誉OG〟として部分的に在籍。同時にソロでも活動するという話です。白石の活動自体は注目ですが、『ごくせん』主演となればケタ違いの話題でしょう」(テレビ雑誌編集者)

同ドラマは仲間由紀恵が主演。仲間が演じる熱血高校教師・ヤンクミの奮闘を描いた学園ドラマだ。2002年、05年、08年と3シリーズ制作され、09年には映画化もされている。

「仲間は美人ですが、もともとコミカルな女優。『ごくせん』ではジャージに丸眼鏡姿を披露しています。白石も間違いなく美人ですが、そういった役柄を演じきれるのか。演技力も未知数な部分がありますからね」(同・編集者)

 

白石では『ごくせん』を背負えない?

『ごくせん』は視聴率も驚異的だった。第1シリーズ平均視聴率17.4%。第2シリーズ28.0%。第3シリーズ22.8%を記録している。

「近年でいう『ドクターX』シリーズのような怪物ドラマでした。不良たちと正面から向き合う仲間の演技は泣けますし、各方面から絶賛された。女優としてほとんど実績のない白石を、そんなドラマの主演に起用するのかは非常に疑問がありますね」(芸能記者)

6月3日に放送された『ごくせん 2002特別編』は視聴率12.7%を記録。これに気を良くしたのか、日本テレビは第1シリーズの全話放送も発表している。

「昔と違い、平均視聴率10%で合格といわれる昨今のテレビドラマ、再放送で12%台というのは驚異的です。それを考えると、白石で新ドラマの冒険をする必要があるのか。再放送の方が無難だという気もします」(同・記者)

そのあたりは夕刊紙も心得たもので、《‶ヤンクミ〟候補として川口春奈、橋本環奈、本田翼らの名前も挙がっている》とも併記されている。

「そもそも『ごくせん』の新作があるのかも不明。それに、新作はなぜ仲間ではダメなのか分かりません。正直、歴史に残る名作の主演に、いきなり白石ってあるのでしょうか。テレビ界では『無謀!』という声が圧倒的です」(前出のテレビ雑誌編集者)

〝乃木坂の美の象徴〟として活躍の幅を広げてきた白石。女優としてはこれからだけに、温かい目で見守りたいところだが…。

 

【あわせて読みたい】