浜辺美波の“公開イチャイチャ”に冷めた声「DMでやってくれんかな」

浜辺美波 

(C)まいじつ 

女優の浜辺美波が6月17日、自身のツイッターを更新し、来る8月14日公開の主演映画『思い、思われ、ふり、ふられ』の予告編を公開した。

待ちに待った情報解禁にフォロワーが歓喜する中、突如、リプライ欄に女優の池田エライザと橋本環奈が登場。そこから3人の仲むつまじい〝イチャイチャトーク〟が炸裂し、ファンを悶絶させている。

「予告編には浜辺が泣き崩れるシーンあり、池田は《泣かないで~って抱きしめたくなる》とリプライ。それを見た浜辺が《しゅき》と反応したのです。さらにそこへ、橋本が乱入。池田が《さっきからいいねしてたの知ってるよ》と橋本へツッコミを入れると、橋本は《バレてたのね 恥ずかしい》と返答。すると浜辺が《しゅき》とリプライを送る公開イチャイチャを見せつけたのです」(ネットメディア編集者)

 

ウザく感じた人もいたようで…

池田はなぜかツイートを削除してしまったのだが、これにはフォロワーも大興奮。ネット上では、

《神々の会話や》
《もうカワイ過ぎる! ツイート欄が平和過ぎてニヤニヤしてしまった》
《尊いのサンドイッチで無事オタク死亡》
《マジで一回4人でイス取りゲームしよ》
《尊さで死人が出ます》

など、大きな反響を呼んでいる。

「今をときめく美人女優3人が集まってリアルタイムで会話をしているのですから、ファンにとってはたまらなかったでしょうね」(前出のネットメディア編集者)

もっとも、興味のない人にとっては限りなくウザく感じたようで、

《仲いいのは結構だけどDMでやってくれんかな》
《学生時代にこんなノリしてた女友達いたなぁ。キモがられてたけど》
《こういうのって、結局、自分たちの自己アピールなんだよな。内輪のノリをSNS上で繰り広げるのはどうかと思う》

などの辛らつな声も投げつけられていた。

最近では新型コロナウイルスの影響で、芸能人の〝バトン投稿〟が流行し、一部から批判的な声が出ていたが、どうやら内輪ノリにも厳しい目が向けられてしまったようだ。

もっとも、浜辺ファンにとっては『しゅき』の一言で、外野の声も吹き飛んでしまったに違いない。

 

【あわせて読みたい】