“女装”のサブスクが話題!「着眼点がすごい」「時代が進んだ感じ」

(C) Discovod / Shutterstock

コーヒーから自動車に至るまで、最近は〝サブスクリプションサービス〟が流行し、ありとあらゆるものが定額で利用できるようになっている。そんな中、前代未聞の新たなサービスが登場し、大きな話題になっているようだ。

「変身願望のある男性向けに7月1日から開始されるのが、株式会社UNIの女装レンタルサービス『ガールズクローゼット』です。お試し利用コースは月額1万円。女装を最大限に満喫したい人向けに、月額3万円のプレミアコースもあります。コースには、女性に変身するための洋服やメークキット、ウィッグ、ランジェリー、ストッキングなどが含まれており、ライトプラン以外は洋服の返却時の洗濯が不要。また90日間借り続けると、洋服が自分のものになります。女装をしたことのない初心者でもレッスン動画があるので、簡単に始められるとか。人に知られることなく、必要な道具がすべて届くので、密かに人気になるかも知れませんね」(エンタメ誌ライター)

 

現在“女装男子”が急増中!?

ネット上では、

《ネタかと思ったけど、マジでビジネスとして成立する算段があって始めてるんだな。つまり、イベントで女装とかではなく、日常的に女装する人がそれなりにいるわけか》
《今や男装する女性も増えてるから、こういうのもアリだね》
《着眼点がすごいな。それにしても女装サブスクとはすごい時代になったもんだ》
《時代が進んだ感じがする》
《男の人のブラジャーもあるくらいですし、女装してストレス減らす方法もあるし良いと思います》

など、さまざまな声が上がっている。

「実は最近、年齢を超えて女装男子が増えているのです。特に20代前後の若い男性がエンターテインメントの1つとして楽しむ傾向があるようですね。昨年4月に放送されたドラマ『俺のスカート、どこ行った?』(日本テレビ系)では、主演の古田新太とともにジャニーズの人気若手メンバーが女装姿を披露して、大きな話題になりました。もともと女装に対する潜在的な願望を持つ男性は多かったのですが、堂々と口にすることができづらい空気がありました。しかし、最近はジェンダー意識が高まり、少しずつ社会の価値観が変わってきています。女装のサブスクリプションもそういった社会背景の中から生まれたのでしょう」(前出のエンタメ誌ライター)

女装に興味がある人もない人も、一度試してみてはいかがだろうか。

 

【画像】

(C) Discovod / Shutterstock

【あわせて読みたい】