とんねるず石橋“YouTube好発進”も冷めた声…「目新しさなさ過ぎ」

石橋貴明 

(C)まいじつ 

『とんねるず』石橋貴明が、自らの引退について言及して注目を集めている。

石橋は6月19日、『おぎやはぎのメガネびいき』(TBSラジオ)に演出家・マッコイ斉藤氏とともに乱入。『おぎやはぎ』の2人が「びっくりした!」「貴さんだ!」と驚きの声を上げる中、石橋は「だって扉が開いてたから」などとトボケた様子を見せた。

実は番組放送前日の18日に、ツイッター&YouTubeチャンネルを開設した石橋。リスナーから理由を問われると、「マッコイが俺があんまりにも暇しているんで『働け』って」とコメント。さらに「まぁほぼほぼ〝戦力外通告〟だから。マッコイが『最後の死に場所を俺が作ってやる』って言うから」「この1年やってみて、ダメならまぁ引退」と、本音なのか冗談なのか、現状について説明をした。

矢作兼が「最後の1年いろいろやるってことだよね?」と質問すると、石橋は「そうそうそう」と返答し、「来年10月で60歳。石橋貴明も、もうユニホームを脱がされるのか、自分で脱ぐのか。脱ぐのか、脱がされるのか、どっちかなんですよ!」と語っていた。

 

石橋貴明のYouTubeデビューに賛否の声

石橋の告白に、ネット上には、

《スキャンダルで自滅していく芸人より数段マシだと思う。タカさんは破天荒のようでいて、ゴシップとは無縁だったからこそ堂々としていられる》
《引退しなくていい。貴さんの存在は後輩たちに必要。とんねるずの番組に呼ばれて、緊張してる後輩たちをまだまだ見たいです》
《別に引退しなくても、のんびり人生を楽しみながら、何かで呼ばれたらテレビに出るくらいでいいと思いますけどね》
《万人受けしなくていいし、ネット番組でもいいから、タカさんの好きな番組やってほしい》

など、主に〝とんねるず世代〟からのメッセージが。

しかし一方、若年層からは、

《ついにテレビのど真ん中でやってた人がYouTubeに登場か。うれしいような寂しいような》
《びっくりするほど目新しさがない。それぐらい誰でも芸能人がYouTubeやる時代になったね》
《往生際悪く見えちゃう》
《もう全盛期のころの時代じゃないよ。裸の王様にならなければ良いけど…。奥さん女優なんだし、あんまりみっともないことしない方がいいんじゃない?》

などの厳しい声も上がっている。

石橋が初めて投稿した動画は、マッコイ氏と話すだけの内容だったが、23日現在で161万回も再生されている。さらにチャンネル登録者数も30万人を突破するなど、思いの外、好発進を見せつけている。

腐っても鯛というが、一時代を築いた芸能人の底力を発揮した石橋。このまま順調にチャンネル登録者数を増やせるか注目したい。

 

【あわせて読みたい】