『EXIT』兼近が自爆!? “犯罪歴を隠してベビーシッター”に批判続出!

(C)Kruglov_Orda / Shutterstock 

お笑いコンビ『EXIT』兼近大樹が6月21日、情報バラエティー番組『ワイドナショー』(フジテレビ系)に出演。男性ベビーシッターの性犯罪事件についてコメントしたところ、その内容に視聴者から物議を唱える声が続出している。

ベビーシッターのマッチングアプリを運営する会社『キッズライン』は、今回の事件を受け、すべての男性シッターの活動停止を決定。しかし世間から「まともな男性シッターがかわいそう」「低賃金だから、それなりの人しかいない」などと疑問の声が上がった。

そんな中、同社で実際に就業経験を持つ兼近は「低賃金で請け負えるのは、ベビーシッターという存在を社会全体に広めていきたいから。だから会社を批判とか否定的な意見はすごい不思議。性犯罪をした犯人が責められるべき」と、同社に批判が集中していることへの疑問を口にした。

終始マジメに語りつつ、最後には「ベビーシッターで誰かを救うっていうのが廃れていくっていうのは、マジぴえんです」とチャラい口調で笑いを誘っていた。

 

兼近の逮捕歴はどうなってるの?

「同社ではベビーシッターを採用する際に、面接の他、自己申告やネット検索による〝犯罪歴チェック〟をしているようです。しかしそれならば、2011年に少女売春あっせんの容疑で有罪判決を受けたり、12年にホスト男性の自宅から現金1000万円の入った金庫を盗んだりと、二度の逮捕を経験している兼近はハジかれそうなものですが…」(週刊誌記者)

この件に関して兼近は、「僕も犯罪歴があるので、働けないかなと思ったんですけど、弁護士と相談したら、『告知義務はないよ』ということで、働かせてもらっていました」「『文春』に犯罪歴を報じられて、以降は働くことはできなくなってしまった」と告白した。

するとネット上では〝疑問の声〟が噴出することに。

《こいつの発言によって、え!? 犯罪歴のある人がいる可能性もあるの…!?って余計に利用者が減るんじゃない?》
《キッズラインは、厳正なる面接をして選んでるとか言ってるけど、犯罪歴を隠して兼近が働けるとかガバガバじゃん》
《告知義務がなければOKって。法律的にはそうでも、こちらとしては不愉快》
《こんなに審査とか面接がいいかげんな会社だと利用するのが不安になってしまう》
《犯罪歴隠して働けるとか、怖くてキッズライン頼めない》

などと、逆効果だと指摘する声が続出した。

ぶっちゃけトークがウリの兼近だが、今回のケースに関してはぶっちゃけ過ぎだったようだ。

 

【画像】

Kruglov_Orda / Shutterstock

【あわせて読みたい】