『Mステ』加藤ミリヤの“激変っぷり”に騒然「こんな顔だっけ?」

(C)Roman Samborskyi / Shutterstock 

6月19日放送の『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)に出演した加藤ミリヤに対し、視聴者から「顔が変わった」「別人」などといった感想が寄せられている。

同日のミリヤが披露したのは、2009年のアルバム『Ring』に収録されている人気曲『Aitai』だった。同楽曲は昨年末、一発録りレコーディング動画をアップしているYouTubeチャンネル『THE FIRST TAKE』に公開されたことで再び話題に。この日は今話題のピアニスト・清塚信也とのコラボで披露され、パフォーマンス前には2人の紹介VTRも流れた。

VTRでは「Aitai」のミュージックビデオも流れ、11年前の若きミリヤの姿が。今でも金髪や派手なメークが特徴的な彼女だが、当時もかなり派手な印象だ。その後、MC・タモリとのトークも繰り広げたのだが、ミリヤの近影は先ほどのミュージックビデオとはまるで別人の印象。特に輪郭は顎にかけてかなりシャープに尖り、11年という時の長さを感じさせた。

 

近影に違和感を覚える人続出

パフォーマンス本番で顔のアップが何度も映ると、やはり昔と比べ、かなり変化している様子が浮き彫りに。歌自体は素晴らしいものの、過去との差にはなかなかのインパクトが…。視聴者もこうした点に驚いたようで、ネット上には、

《加藤ミリヤ!? 顔変わった!?》
《こんな顔だっけ?》
《加藤ミリヤ顔が別人》
《顔違い過ぎてスゴい…化粧って…》
《加藤ミリヤって少しずつ顔の修正成功してきてるわね》
《ミリヤ声変わってない? 顔もやけど》
《加藤ミリヤの顔どうした》

などといった声が。変化の理由はさておき、月日の流れをしみじみ感じたようだ。

メークや骨格、髪型など、女性の容姿には変化が付き物のようだ。

 

【画像】

Roman Samborskyi / Shutterstock

【あわせて読みたい】