新垣結衣“待望ドラマ復帰”に拒絶の声…「見たいけど相手がなぁ…」

新垣結衣 

(C)まいじつ 

女優・新垣結衣が1年8カ月ぶりにドラマへ出演することが発表され、大きな反響を呼んでいる。

出演するドラマは、8月にスタートする連続ドラマ『親バカ青春白書』(日本テレビ系)。役どころは、ムロツヨシ演じる小比賀太郎の妻で、永野芽郁が演じるさくらの母親・幸子だという。

ドラマの制作を手掛けるのは、同系ドラマ『今日から俺は!!』チーム。『勇者ヨシヒコ』シリーズ(テレビ東京系)などの福田雄一氏が脚本統括、演出を担当するという。

新垣は「こんなときだからこそ、このようなワクワクする作品に参加できることをより一層うれしく思います。福田組、ムロ座長のもと、皆様に笑顔をお届けできるよう、私も微力ながら精いっぱい頑張ります。ムロさんの奥さんであり、芽郁ちゃんのお母さんになれるなんてとても楽しみです!」とコメントを発表。ドラマ復帰に意欲を見せている。

 

“福田組”での復帰はナンセンス?

5月から始まった『逃げるは恥だが役に立つ ムズキュン!特別編』(TBS系)で2ケタ視聴率をたたき出すなど、変わらぬ人気ぶりを見せる新垣。そんな彼女が、主役でもヒロインでもないドラマで復帰するとあって、ネット上は騒然。ツイッターでは、

《年齢うんぬんより、永野芽郁ちゃんの母親がガッキーってどんな家族なんww》
《ガッキーが母親役をやる時代になったか…》
《ガッキー母親役ってすご…福田雄一さんの作品だし絶対見たいな。ムロさんガッキーのオフショ頼むぞ…!》
《ガッキーが母親役やるような年齢になったんやな…って時の流れを感じてる》

などのツイートが投稿され、一時、トレンドランキング入りするほどの反響を呼んだ。

しかし一方で、ガッキーのドラマ復帰を心配する声も上がっており、

《ガッキーは見たいけど、福田とムロかぁ…》
《ムロと永野芽郁が苦手…》
《あー、ガッキーもついに福田とムロに関わっちゃったか。何か残念》
《ガッキーはかわいいけど、福田組嫌いだし、ムロはもっと嫌いだから見ないや》

などといった声も、少なからず上がっている。

実は今回の出演は、新垣の演技を高く評価していたムロが、福田監督に懇願してダメ元でオファーしたところOKが出たという。そして急きょ出演が決まり、脚本を練り直してから撮影が開始されたと報じられている。

そこまで苦労しながら、自分たちが一部からとはいえ嫌がられていたとは、ムロと福田監督がかわいそうな気がしてならない…。

 

【あわせて読みたい】