前田敦子“離婚”待ったなし!? 別居報道に関係者からは納得の声…

前田敦子 

(C)まいじつ 

女優の前田敦子と俳優の勝地涼夫妻が別居していると、6月25日発売の『女性セブン』が報じている。

前田と勝地は2018年7月に、交際わずか4カ月で〝デキ婚〟し、翌年3月に第1子となる男児が誕生しているナイスカップル。同誌記事によると、勝地は母親のサポートを受けやすいようにと前田の実家と同じマンションに引っ越し、家族ぐるみで1歳の息子の育児をしていたという。しかし、なぜか今年の3月に、別のマンションに転居。これから育児が大変な時期を迎えるにもかかわらず、現在の2人は別居状態にあるという。

出産してわずか1年の別居に、ネット上では驚きの声が上がったが、一方で前田の性格を知る関係者からは、「いつかはこうなると思っていた」などという声も聞こえてくる…。

「勝地は今どきのパパらしく、熱心に育児に協力していたようです。前田も勝地のイクメンぶりを『すごく協力的に育児に参加してくれていました。3日間撮影が詰まっていたら向こう(勝地)が3日間全部見てくれて。あらためて感謝ですね』などと明かしていましたからね。ただ、前田は情緒不安定な部分があり、自分が気に入らないことがあると、急に激昂することがあるのです。前田の逆鱗に触れ、勝地がマンションから締め出されたこともあり、さすがに我慢の限界だったんじゃないでしょうか。今さら前田の性格が変わるとは思えませんし、このまま離婚する可能性はかなり高いと思いますよ」(芸能事務所関係者)

 

前田敦子が起こした“パパ喝”事件とは?

前田の不安定な性格をよく表しているのが、昨年5月に週刊誌が報じた〝修羅場写真〟だ。

「前田はこのとき、自宅作業中に膝の靭帯を損傷したため車椅子でした。勝地は子どもを抱っこしながら、前田の車椅子を押して歩いていたのですが、突然、前田は立ち上がると夫の静止を振り切り50メートルほど走って歩道に倒れ込み、立ち上がると夫をニラみつけたのです。その激怒した形相は〝パパ喝〟といわれて話題になりました。2人はこのような修羅場を何度となく繰り広げているのです」(芸能記者)

かつて、泥酔した前田を俳優の佐藤健が〝お姫様抱っこ〟するという衝撃的な写真がスクープされたことがある。このときも前田は号泣で、裸足の上、ワンピースの肩ひもがズリ落ちているという、とてもアイドルとは思えない惨状だった。

元国民的トップアイドルだって人間だもの…。夫から呆れられてしまうこともあるのだろう。

 

【あわせて読みたい】