本仮屋ユイカ“育乳”成功! 今こそセクシー路線への転換大チャンス

本仮屋ユイカ

(C)まいじつ

女優の本仮屋ユイカが6月23日、自身のインスタグラムを更新。2月に発売された写真集の未公開カットを披露して話題を呼んでいる。

本仮屋は《写真集『CANTIC』の未公開カットが先週金曜日発売の写真週刊誌『FRIDAY』に掲載されています ロングヘアの自分が遠い昔のように感じる…(実際は、髪の毛を短くしてからまだ1カ月もたっていません) ぜひお手に取ってご覧うただけたらうれしいです》などとつづり、色気ムンムンの写真を公開した。

濃紺のビキニからあふれんばかりのバストを見たフォロワーからは、

《えー! ユイカちゃんこんなにオッパイあるの? 知らなかったわ》
《普段のユイカとのギャップがすごい。マジでエロ過ぎる!》
《おっぱい成長した? 大人の色気がハンパないね》
《目の保養になります。おっぱいだけじゃなく、肌の張りも最高ですね》
《ナイスバディですねー。ショートカットの水着姿も見たいナ》

など、歓喜の声が殺到している。

 

露出を躊躇している場合ではない!

「本仮屋はもともと‶ちぃパイ〟でしたが、今回の写真集では『コンプレックスが胸なんですけどたわわに見えるように頑張ってます。みんな褒めてくれる。初めて〝胸〟と言える。最高傑作。2億点満点』と語るなど、成長した胸に自信満々の様子をみせました。もしかしたら最近流行の〝育乳〟に精を出したのかもしれませんね。もともと水着撮影には抵抗がなく、今回の写真集は通算5冊目。回を重ねるごとにエロさもアップしています。今後は映画でも一肌脱いでほしいところです」(芸能記者)

本仮屋は、2001年に『3年B組金八先生』(TBS系)の生徒役として注目を集め、05年にはNHK連続テレビ小説『ファイト』の主演を務めて全国区の顔になった。しかし、その後はコンスタントにドラマや映画に出演するものの脇役ばかり。32歳という年齢を考えれば、そろそろもう一段ステップアップしたいところだ。

「本仮屋は〝正統派女優〟というイメージが強く、それが無難な役回りしか来ない理由の1つでしょう。本人は肌の露出を嫌がっているわけではないので、事務所の方針だと思います。主役を張る女優になるためには、躊躇することなくフルオープンに踏み切る必要があるでしょうね。同じ朝ドラ女優の二階堂ふみは、大胆な濡れ場を演じています。ぜひとも見習ってほしいですね」(映画ライター)

もうあまり時間はない! 決断を期待しようではないか。

 

【あわせて読みたい】