元『欅坂46』平手友梨奈“さかなクン”そっくり大変貌「妹みたい」

平手友梨奈 

(C)まいじつ 

元『欅坂46』の平手友梨奈が、6月25日に誕生日を迎えて19歳となった。出演する映画『さんかく窓の外側は夜』の公式インスタグラムでは、平手を祝って写真を投稿。するとネット上では、〝あの人に似てきた〟と指摘する声が続出している。

25日、映画のインスタは《\平手さんHappy Birthday/ ‪本日6/25は #平手友梨奈 さんのお誕生日 おめでとうございます!! ‪本作では〝呪いを操る謎の女子高生〟ヒウラエリカ役を演じます ‪素敵な19歳になりますように》などと、宣伝を兼ねながら平手に祝福のメッセージを送った。

投稿に添えられた写真は、ヒウラの格好をした平手に、バースデーハットのイラストをかぶせたもの。これにファンからは、

《天使界の天使》
《は???? かわい過ぎる お誕生日おめでとう 世界一大切な日です。生まれてきてくれてありがとう》
《いや、無理、かわい過ぎ すき》
《かわい過ぎです。ありがとうございます!》
《あぁ!かわいい お誕生日おめでとうございますっ!!!》

など、悶絶する声が上がった。

 

もとの明るさを取り戻しファンも安堵

一方、ネット掲示板では『欅坂46』時代と比べて顔が変わったと指摘する声が多く、

《さかなクンの妹》
《さかなクンみたいな顔になってね?》
《さかなクンをヤンキー化したみたいな風貌》
《フェイスラインをシュッとさせたさかなクン》

など、魚類学者でタレントのさかなクンに似ていると話題になっている。

「平手がグループを脱退したのは今年1月。在籍時は〝激太り〟や〝無気力ダンス〟など、メンタル面で心配な行動が多くありました。しかし脱退した後は、みるみるもとの明るさを取り戻し、体型もすっかりスレンダーに。顔つきまで変わってきて、ファンを安堵させています」(芸能記者)

〝闇キャラ〟を演じていた『欅坂46』から解放され、もとの平手に戻ってきているようだ。

 

【あわせて読みたい】