工藤静香の生春巻きに“汚料理”ファン大興奮「今日もいいお仕事!」

工藤静香 

画/彩賀ゆう  (C)まいじつ

歌手の工藤静香が6月25日、インスタグラムのストーリーに自慢の手料理をアップした。この日に公開されたのは手作りの生春巻き。《いきなりの、生春巻きの皮のリクエスト笑 やっと作り方を思い出しました》と家族のリクエストに応えて作ったことを明かした。

完成した生春巻きをアップすると、《このタレ、エンドレス》と自画自賛。続けて《全粒粉もおいしい》などと、抜群の料理スキルを全世界にアピールした。

この料理に工藤ファンからは絶賛の声が上がったが、一方でネット上には、

《せっかく頑張って手作りしても、見せ方が汚いからおいしそうに見えません》
《「私は何でも作れます」っていう自慢話なだけだよね? 料理好きの人には普通のことで、自慢することじゃないことばかり》
《あまりおいしそうには見えないんだけど。やっぱりセンスないと思う。でも自分ではメッチャ上手と思ってそう》
《いつもながら、食材の色合いからしておいしそうではないなぁ》
《キムタクはこの料理を春巻きと思って食べたのでしょうか? 妻のインスタを見て何も言わないのでしょうか? ビストロであれだけの料理を作っていたのに、春巻きも知らないのでしょうか?》

など、いつも通りツッコミの声が殺到している。

 

娘たちにも引き継がれている料理センス

しかし〝しーちゃんのお料理教室〟を楽しみにしている人もいるようで、

《芸能人がアップする手作り料理って、ホントに自分で作ったのかよって思うくらいおいしそうだけど、静香ママが作る料理とかお菓子って、ホントかよって思うくらいマズそうで、いつも楽しみにしています。今日もいいお仕事されているようで何よりです》

といった好評の声も聞かれた。

「彼女のDNAはキチンと娘たちにも引き継がれているようで、19日には次女のKōki,が作った‶青汁シフォンケーキ〟をストーリーで公開。すると〝汚料理〟ファンから『さすが静香の子だよ』『ちゃんと継承しているようで安心しました!』などといった絶賛の声が上がりました」(芸能ライター)

話題に事欠かさない華麗なる木村家の一族たち。今後はどのような話題を振りまいてくれるのだろうか。

 

【あわせて読みたい】