『有吉ゼミ』に苦情殺到! “危険すぎる”エアコン掃除術に「ダメでしょ」

(C)pathdoc / Shutterstock 

6月29日放送の『有吉ゼミ』(日本テレビ系)では、様々な収納&掃除ワザを紹介。しかし番組で取り上げられたエアコンの掃除術に、視聴者からは〝危険なのではないか〟との指摘が殺到していた。

今回エアコンの掃除方法を教えていたのは、〝フリーザ〟のモノマネで注目を集めている芸人・山本正剛。清掃会社の社長という肩書きも持っている山本が、本格的な方法でエアコンを掃除していくことに。例えば「フィルター」を掃除する時は、一度エアコン内部のフィルターを分解。掃除機をかけてホコリを吸い取っていた。

その後も「ルーバー」や「送風ファン」などを、慣れた手つきで綺麗にしてく山本。しかしネット上では、

《山本さんはプロだからいいけど、素人が真似したらいけないのでは?》
《エアコンの掃除って危ないって聞くけど、大丈夫なの?》
《エアコン内部の掃除は火災の原因にもなるし、業者に任せるべき》
《危険なエアコン内部の掃除を、テレビ番組が推奨したらダメでしょ》
《有吉ゼミでエアコン掃除のやってるけど危なっかしくって見てられんわ》
《素人がエアコンの内部を掃除して、火事になるケースが増えてるって母が言ってたよ》

などの声が上がっていた。

 

エアコン内部洗浄のリスクとは?

実際にエアコンの掃除には、どのようなリスクがあるのだろうか。今年6月に『独立行政法人製品評価技術基盤機構(NITE)』は、エアコン内部洗浄の事故事例を公開。これによるとエアコン内部の配線端子部分に洗浄液が付着したため、異常発熱が生じて出火する事故が起こっているという。また「NITE」は、「エアコンの内部洗浄は正しい知識を持った業者に依頼してください」とも呼びかけていた。

「今回の『有吉ゼミ』でも、洗浄液を使い『送風ファン』を掃除する方法が紹介されていました。山本は清掃会社の社長なので問題はないのかもしれませんが、あたかも『一般視聴者も真似できる方法』として紹介するのは配慮が足りなかったように思えます。ちなみに日本テレビといえば、以前『世界一受けたい授業』でSIMカードのロック方法を紹介した際も問い合わせが殺到。どうやら操作を誤るとスマートフォンが使用できなくなるリスクがあるようで、同局は『手順を確認出来ない場合は、操作を控えて頂くようお願い申し上げます』と釈明していました」(芸能記者)

他にも世の中にはハウツー系の番組が数多く存在するが、リスクのない確かな情報を視聴者に届けてもらいたいものだ。

 

【画像】

pathdoc / Shutterstock

【あわせて読みたい】