恐れてはいけない!? 新アメリカ大統領「ビジネスマン」ドナルド・トランプ

 Photo Credit: Glyn Lowe Photoworks. Flickr via Compfight cc

Photo Credit: Glyn Lowe Photoworks. Flickr via Compfight cc

2016年11月8日にアメリカで行われた大統領選挙で、多くの予想に反してドナルド・トランプ氏が次期大統領に選ばれ、2017年1月20日には大統領就任式が執り行われた。大統領選挙では「メキシコとの国境に壁を築く」など物議を醸す発言を繰り返し、“米軍撤退”など、日本でも大きな影響を懸念される発言で多くの人がトランプ大統領の動向を気にしている。

しかし、このトランプ大統領は実業家として優れた人物で、目先の利益だけでなく先を見据えたビジネスセンスを持った人物といえる。

「ビジネスマン」ドナルド・トランプの原点:コモドアホテル買収

『グランド・ハイアット・ホテル』というホテルをトランプ大統領は所有している。老朽化して破産状態にあったコモドアホテルを、市に交渉して、40年間の減税をさせることに成功し、銀行から融資を得て買収したのである。

赤字続きのホテルの立地条件に注目し、現在のガラス張りのホテルに変え、多くの支持を受けるホテルへの変貌させたのである。近隣の客層がビジネスマンでいいホテルに変えれば、高い利益を挙げるようになるということを、いち早く嗅ぎつけたトランプ大統領の最初の成功談とも言える有名な話だ。

トランプ・タワーから見えるセントラル・パークの景色は永久保証

 Photo Credit: Iván PC Flickr via Compfight cc

Photo Credit: Iván PC Flickr via Compfight cc

テレビでも多く紹介された『トランプ・タワー』だが、ここから見えるセントラル・パークの景色は半永久に保証されている。なぜかというと、トランプ・タワーを建てる際に、隣のティファニーから空中権を購入しているからだ。そのため、ティファニーはいまの高さよりも高い建造物を建てることができないのである。

隣のティファニーの高さが固定されているため、隣に高い建造物が立つ心配がなくトランプ・タワーから見える景色は、半永久的に保証されているのだ。このトランプ・タワーは1983年に完成しているので、それ以前よりトランプ大統領はトランプ・タワーから見える景色に価値があることを認識していたのである。

セントラル・パークの名前を使うとトランプ大統領が儲かる!?

 Photo Credit: Ed Ogle Flickr via Compfight cc

Photo Credit: Ed Ogle Flickr via Compfight cc

セントラル・パークという名前を使う為にはトランプ大統領に許可を取り使用料を払う必要がある。

なぜかというと、1991年にはまだ、いまほど注目されていなかったセントラル・パークのという名前の商標権を、トランプ大統領が所持しているからだ。『SANKEI EXPRESS』の報道によると、商標権取得の際にもトランプ・タワーを建てた上で、セントラル・パークの駐車場を管理するなど、しっかりと実績を積み上げて手回しをしていたため、セントラル・パークの関係団体が反対せず、円満に取得できたという。

トランプ大統領はいち早く商標権を取得することができたのである。しっかりと根回しをして、基盤を築いた上で反発されない環境を作るのだから、彼の先見性は素晴らしいものがある。

 

売名行為!? テレビで話題になって知名度UP



「大統領選挙出馬は売名行為だったのでは」と語られることがあるトランプ大統領だが、実際に彼はニュースを使ってうまく有名になっている。そのことは、彼の保有するビルの多くに“トランプ”と名前がついていることでもわかると思う。

例えば、ホワイトハウスの晩餐で、当時ソ連のゴルバチョフ氏がトランプ大統領の経営手腕に興味を示すと、トランプ・タワーへ招待する手紙を送って、メディアの注意を惹いている。また、NBCの本社ビル移転の際にも、一度はトランプ大統領の再開発プロジェクトのテナントになるはずだったのが、当時のニューヨーク市長コッチ氏と罵り合いの末決裂していたことを、当時『読売新聞』が報じている。

このようにメディアに名前が出ることで、世間の認識を高めるような行動を度々行っており、お金を掛けずにプロモーションすることにも長けているのである。

恐れる必要はない“ ビジネスマン”ドナルド・トランプ

アメリカでは、大統領になると大人しくなると言われていることを考えると、大統領選での“ 暴言王”ドナルド・トランプではなく、将来を見据えた動きをしっかりとする“ ビジネスマン”ドナルド・トランプとして日本相手にもビジネスライクな付き合いをする可能性が高く、日本をうまく売り込むことが出来れば、必要以上に恐れることはないだろう。

 

【参考】

※ 抜け目ない暴言王 先見の明 セントラル・パークの商標権24年前に取得-(SANKEI EXPRESS 2015年12月8日号)

米新大統領・トランプ氏 あまりに破天荒な言動録(2016年11月09日掲出)-YOMIURI ONLINE

※ 「トランプ大統領」は独裁者になるのか-マシュー・クーパー(ニューズウィーク日本版2016年11月15日号)

【あわせて読みたい】

※ 草彅剛主演ドラマは前評判上々も「あの女優」のせいで台無しに

春までに‐10kgを目指すあなたのための「赤いダイエット」-Sponsored

※ 嵐・櫻井翔とNEWS・小山慶一郎に付いたキャスターとしての差

※ ジャニーズ事務所が早くも始めた「香取慎吾いじめ」

※ 不倫が報じられたマギーのとんでもない倫理観