二階堂ふみも提唱! ヒド過ぎる“ペットショップビジネス”の大問題

(C)まいじつ 

女優の二階堂ふみが6月29日、自身のインスタグラムを更新。犬猫の繁殖、販売業に対する「数値規制」について問題提起をしたところ、賛同の声が続々と上がっている。

現在、ジャックラッセルテリアの「ゾイ」と、柴犬の「ジジ」という2匹の愛犬と暮らしている二階堂。今回のインスタでは、そんな2匹とセルフ撮影をした写真とともに、《わが家のゾイは繁殖犬でした》と〝子犬を産むためだけに飼育されていた犬〟だったことを告白。そして、まもなく素案が示される数値規制について言及した。

昨年6月、約7年ぶりに動物愛護法が改正され、飼育環境は大きく改善された。今回の数値規制とは、その法に則って、施設の構造や、親の繁殖回数の上限などについて具体的な基準を定めるもの。素案に先掛けて各業界団体が私案を示しているが、中には親を飼育するケージのサイズを「高さ:体高×1.3、幅:体高×1.1」とするものもある。これに対し、二階堂は画像を引用し、《身動きも取れません。決まってしまうと次回の改正まで、彼らを苦しめ続けてしまいます》とより高い水準を求め、環境省宛てのメールアクション等の協力を呼び掛けるのだった。

もはや、ペットはショップから購入するのではなく、保健所等から責任を持って譲り受ける時代。二階堂も《ペットショップに並ぶ子犬や子猫はどこから来たのか。知ること。考えること。そしてアクションを起こすこと》と、ペットショップの存在に疑問を呈している。