木村拓哉『帰れま10』“嫌いなハズの食べ物”注文に驚き…「大丈夫なの?」

木村拓哉 

画/彩賀ゆう  (C)まいじつ 

6月29日、『帰れマンデー見っけ隊!! 3時間スペシャル』(テレビ朝日系)の『帰れま10』パートに木村拓哉が出演。かつて〝嫌い〟だと公言していた食べ物を黙々と食べ進め、古参ファンの話題を呼んだ。

木村は『BG~身辺警護人~』(同系)の番宣に、共演者である斎藤工、間宮祥太朗、菜々緒とともに出演。ロケ自体は3月に行われていたが、コロナウイルスの影響でドラマ放送が延期していたため、この日の放送となった。今回の舞台となったのは、個性的なうどんを多数提供する人気うどんチェーン『つるとんたん』。かつカレーや明太子クリームなど他店では見掛けないメニューが並ぶ中、木村は自身の予想をアドバイスして難しい正解をリードしていく。

「一同をリードして正解へ導く木村でしたが、さすがに後半に差し掛かると連勝はストップ。不正解が続いて予想は難航し、さまざまなメニューを実食する羽目になります。その中には冷たい山かけのうどんも入っていたのですが、実は木村、若いころから『口が痒くなる』との理由で『嫌いな食べ物はとろろ』だと公言しているのです」(芸能記者)

 

実は…12年前に〝克服〟を宣言

とろろが嫌いだと知っていた古参ファンは、木村が山かけうどんを食べる姿に驚いたよう。SNSには、

《木村拓哉の選択肢にとろろが入らないのは当たり前なんだが? と思いながら見てたら食べててビックリしている…》
《もう食べられるようになったのかな》
《キムタクってとろろ嫌いだったよね》
《拓哉とろろ苦手よね? 痒くなっちゃうから》
《あれ、拓哉、やまいも食べれるの? とろろ苦手だよね?》
《木村君、とろろ食べられるようになったのかな? 自らチョイスして食べたね》

など、意外だとの反応が相次いでいった。しかし、実は12年前に、木村は〝とろろ克服〟を宣言している。

「ファンの間で〝木村=とろろ嫌い〟は有名なのですが、実はもう10年以上前に『克服した』と明かしているのです。克服が明かされたのは、かつて放送されていたラジオ番組『木村拓哉の WHAT’S UP SMAP !』(TOKYO FM)。木村は2008年の主演ドラマ『CHANGE』(フジテレビ系)第1話でとろろそばを食べたのですが、翌週のラジオにはこのシーンに対してメールが山のように寄せられました。木村は『もう!とろろは大丈夫になりましたって話したじゃないですか(笑)』と答え、『話したじゃないですか。先週、チラッと。いまだにね、ウジャウジャ来るんですよこのメッセージ…』と少しウンザリ気味。これ以上、同じメールが来るのを防ぐためか、わざわざその場でとろろそばを食し、そばをすする音を電波に乗せていました」(芸能ライター)

古参ファンにもかかわらず、情報がアップデートできていなかった者も多かった!?

 

【あわせて読みたい】