『ヒルナンデス』南原の“虹プロ”モノマネが若年女性に大人気の異変!

南原清隆 

(C)まいじつ 

〝優しいスベリおじさん〟こと『ウッチャンナンチャン』の南原清隆に、若い女性からの支持が高まるという、これまでになかった流れが見られている。

きっかけとなったのは、6月16日放送の『ヒルナンデス!』(日本テレビ系)で披露したものまねだった。

南原が扮したのは、韓国の男性シンガー兼音楽プロデューサーであるJ.Y.Park氏。同氏は韓国の大手芸能事務所とソニーミュージックによる共同ガールズグループプロジェクト『Nizi Project』の製作総指揮・プロデューサーを務めており、6月まで日テレで放送されていた同プロジェクトオーディション番組『虹のかけ橋』にも出演していた。

「『虹プロ』と呼ばれる同プロジェクトは、SNSで若い女性を中心に一大ブームを起こしている。もはや同世代の〝マスト〟〝アイコン〟と言えるほど凄まじい人気であり、番組を勝ち抜いたメンバーで構成された『NiziU』はアイドル界の全勢力を飲み込むほどの旋風を起こしつつあります。総指揮のJ.Y.Park氏も、『餅ゴリ』の愛称でファンから絶大な支持を浴びていますよ」(アイドル雑誌ライター)

 

若者の支持を受けて再ブレークの兆し!?

SNSで大注目のコンテンツに乗っかったことで、南原のものまねは若い女性たちに大ウケ。これに気を良くしたのか、南原は30日放送の「ヒルナンデス!」でもこのものまねを披露し、

《JYPが日本でモノマネされる日が来るとはww》
《ナンチャンのJ.Y.Parkさんのものまね好き過ぎて妹に送った(笑)》
《顔寄せてるとかじゃなくて餅ゴリ話法がうまいというか言いそう~感が絶妙なのがつらい》
《ナンチャンが餅ゴリのモノマネしてて無理わろた》
《これからも定期的にモノマネしてほしい、似てる(笑)》

など、再び若い女性層の大爆笑をさらっていった。そしてこれにより、南原はにわかに再ブレークの兆しを見せているらしく…。

「ものまねの反響は絶大で、Yahoo!では『ナンチャン』と検索すると、最初の関連ワードに『jyパーク』と表示されるまでに。Googleでも『jyp』が二番目の関連ワードになっており、芸歴35年にして〝若い女性の支持を受けて再ブレーク〟するという奇怪な現象が見られています。まさか本人も、ここへ来て鉄板のものまねを身に付け、これまで注目されていなかった層から支持されるなど夢にも思わなかったでしょう。『人当たりの良い司会者』と南原が芸人であることを知らない若者からは、『餅ゴリのものまねおじさん』として認知されそうです」(エンタメ誌編集者)

同番組でスベリ続けてきた南原が、番組開始10年を前に「スベランデス!」状態になるとは…世の中、何が起こるか分からないものだ。

 

【あわせて読みたい】