明石家さんまYouTubeデビュー!? 前言撤回でついに参入か…

明石家さんま

画/彩賀ゆう(C)まいじつ

お笑いタレントの明石家さんまが、6月29日に放送された『痛快!明石家電視台』(毎日放送)に出演し、YouTube参入に色気を示した。

さんまはかねて「YouTubeには絶対に出演しない」と公言。しかしここ最近、芸能人のYouTubeデビューが相次いていることで、心が揺らいでいるようだ。

さんまは、番組出演者の『次長課長』河本準一から「ホンマはやりたいんですか?」と質問を投げ掛けられると、「何かやらなアカン時代に来てまっせ。でも、やっちゃわないよ。たぶん、おそらく、俺はテレビを守りたい、テレビの人間やから。歴史上、テレビで育ってきてやな、今さら…YouTubeなんて思わへんけど、みんながやりだしてるからやな…」と、何とも歯切れ悪く回答した。

さんまは2月5日放送の『ホンマでっか!? TV』(フジテレビ系)で、「俺らテレビに出る人間の敵はYouTubeやで!」と発言。しかし一方で、『雨上がり決死隊』宮迫博之からYouTube出演のオファーをもらっていることを明かしており、「もし俺がどうしてもYouTubeに出たくなったら、お前のところに真っ先に出るから」とも発言している。本人は出演にかなり傾いているように見えるのだが…。

 

YouTube上のさんまはどこまで通用するか?

「芸能人がYouTubeにこぞって参入したのは、ズバリもうかるから。最初から知名度が高いため、チャンネル登録者を集めやすいという利点もありますね。そういう点では、金銭的に不自由のないさんまが参入する意義は薄いと思います。しかし、最近では芸能人だからといって、誰もが視聴回数を稼げるわけではないということも分かってきました。さんまにしてみれば、自分の実力を試してみたいという気持ちがふつふつと湧いてきたのかもしれません。また、若者のテレビ離れで、自身に注目が集まりづらくなっているということもあるでしょう。近いうちに〝明石家さんまチャンネル〟が開設される可能性は高いと思いますよ」(芸能記者)

さんまならば、前言撤回したとしても笑い話に昇華する可能性は十分にある。すでにチャンネル開設のカウントダウンは始まっているのかもしれない。

 

【あわせて読みたい】