板野友美“あのスキャンダル”完全スルーで仕事順調の摩訶不思議!

板野友美

(C)まいじつ

7月3日に29歳の誕生日を迎えた元『AKB48』の板野友美。先月22日に公開された『AKB』の新曲『離れていても』には、前田敦子や大島優子、指原莉乃らとともにOGとして参加してファンを喜ばせるなど、順風満帆な仕事を送っている。しかし一方で、〝あのスキャンダル〟の完全スルーっぷりには、闇を感じざるを得ない。

『週刊文春』2020年4月30日号にて、板野は大手接骨院チェーン『MJG』の社長から、多額の金銭的な援助を受けていたことがスクープされた。

記事によると、社長は飲み会などで「板野には年間数千万払っている」などと豪語し、板野の母親が社長を務める会社の初期費用の支払いや赤字補填をしていた他、板野の妹であるグラビアアイドルの板野成美を従業員として登録して給料を支払うなど、家族ぐるみの付き合いがあったという。しかし、この接骨院チェーンは、4月10日に約44億円の負債を抱えて破産した。

 

何事もないように仕事をする姿勢に違和感…

板野家は、同会社の経営が傾きかけているころも金銭援助を受けていたようで、その魔性ぶりは世間をドン引きさせるには十分だった。実際、このスキャンダルが出たときには、

《家族総出で援助されてたなんてイメージ悪いわ》
《リアル『パラサイト』やん(笑)》
《これでもう板野を見る機会がなくなるのかな? サヨナラ板野》
《ともちんバイバーイ!》
《ともちんは次のパトロン探すのかな? でもこういう風に大々的にバラされた後となると、まともな男性は寄りつかなくなっちゃうよね この先に転落人生歩みそう》

など、イメージ悪化でもはや芸能界で生きていくことは絶望視されていた。

「しかし板野本人や周辺は、この話題を完全スルー。それどころかスキャンダル後には、久々にテレビ出演したり、ボートレースオールスターの応援サポーターに就任するなど、仕事の数は増えているよう。パトロンがいなくなって焦った板野が仕事をこなしている可能性はありそうですが、すっかりダーティーなイメージがついた彼女に、これまで通り仕事が舞い込むのも不思議ですね」(芸能記者)

来年はついに三十路となる板野だが、果たして何か勝算はあるのだろうか。

 

【あわせて読みたい】